希望の党に寝返った人からメールが来た話

希望の党に寝返ったわが選挙区の候補者からメールが来た。読んでいて、こんなことなら最初から共産党に入れておけばよかったなあと思った。

なお、すべての民進党出身着がひどいわけではない。隣の1区から出馬予定の人の説明を別途掲載した。

メールに拝啓・敬具と入れてみたり「、」が多いという突っ込みどころはあるのだが、最大の難点は民進党が政権を取れなかった理由を「左翼がいたから」と片付けてしまっている点だろう。民進党が政権を取れなかったのは民主党政権が政権運営に失敗した理由を総括をしないまま、首相批判だけを繰り返す集団になってしまったからだ。だが、「左翼が悪い」などと政権の失敗に向き合わない人たちが大勢いたのでは総括そのものが難しかったのだろうなという気がする。

「人のせいで人気がない」という総括しかできない人たちが議員を続けても、新しい政党で正しい感覚を持ったまま議員活動はできないだろうし、そのような人たちが集まった政党に期待をするのは間違っていると思う。これはちょうど自民党の人たちが野党時代に「そもそも国民が主権者だというのが間違っている」と総括してしまったのに似ている。日本人は集団になると失敗に向き合えず、人のせいにして逃げる傾向があるのかもしれない。

もう一つ感じるのは、これが終わりの始まりに過ぎないということである。最大の不確定要素は「どの政党がどこまで勝つか」という点なので、情勢が決まればそれに従って組み替えの動きがありそうである。なぜそう思うかというと、おくのさんの事務所開きには無所属の野田さんが来ることになっているからである。さらにこの候補者を応援しているのは連合だ。少なくとも1区のたじま要さんは野田さんとの関係が深い。両者揃って希望の党に行ったので、連合は希望の党を応援することになる。その連合も別の選挙区では立憲民主党を応援していたりする。

つまり、政党そのものには比例区名簿の取りまとめ以上の意味がないのである。

選挙結果が出てから無所属の人が政党を組んでも年末には間に合うので、希望の党で当選した人が無所属になった(比例の人は別の政党に移れない)上で、その政党と会派を組むということが出てしまう。また、情勢によっては民進党右派が希望の党の主導権を握ることも考えられる。この場合は現執行部を追い出して野田さんなどを迎えれば良い。だがその場合には先に移った細野さんと、屈辱された野田さんという対立構造になる。

つまり。何が起きても不思議ではなさそうだ。ということで、今回のマニフェストは信頼しない方が良いと思う。野党側のマニフェストはそもそも意味のあるものにはならないのだろう。

マスコミでは政権選択選挙などと言っているが、安倍政権の信任としての意味はあっても、それ以上の意味合いはなさそうでる。ついでにいえば、安倍政権がこの選挙で現勢力を確保しても国民の疑念に答えているわけではない。従って人気が低迷したままで、議席だけは手にしているという状態になる可能性が高い。

こうしたことが起こるのは、そもそも有権者の意向が正しく反映される制度になっていないからである。だから選挙時の偶然によって情勢が決まり、常に安定しないということになってしまう。今回は、少なくない数の人が「政党とは何なんだろう」と考える選挙になるのではないだろうか。


前衆議院議員おくの総一郎です。

拝啓

時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素より、温かいご理解・ご支援を賜り、深く感謝致しております。

私、「おくの総一郎」は、希望の党の公認となりました。民主党に入り12年、政治家として様々な経験を積ましてもらいました。党が消えてしまうことは断腸の思いです。

私は、緩む「一強」政治の「改革」を決意し、12年前に霞ヶ関を飛び出しました。12年前は小泉政権の「一強」でした。今も、森友・加計問題、閣僚の問題発言など「一強」安倍政権は、緩み切っています。北朝鮮危機の中での解散も、選挙で勝利することだけを狙ったもので、大義はありません。一向に良くならない暮らし、増え続ける借金。ブレずに 二大政党 志してきましたが、残念ながら、未だ果たせません。

今こそ、安倍政権を倒し、政策転換を図る必要があります。本来であれば「民進(民主)党」がその役目を果たすべきでしたが、左に寄りすぎ安全保障や憲法など対案を示せなくなった結果、多くの国民の信用を失いました。

私は、「希望の党」から、政権交代、二大政党制をめざして参ります。「希望の党」で、皆様の声に沿った現実的な安全保障政策、社会保障政策を実現する覚悟です。政策が見えない不安もありますが、新しい党だからこそ、自ら政策を作って行くことが出来ます。4期目の挑戦、どうか皆様のお力をお貸しください。

「政権交代可能な二大政党制」初心を忘れず、この大義のため、私「おくの総一郎」は政治生命を賭して全力で取組む覚悟です。どうか私の「志」をご理解頂き、私の政治活動にご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

最後に、これまで「民主党」「民進党」でご支援頂き、本当にありがとうございました。

季節の変わり目、時節柄、皆様どうかお体を大切にしてください。

ブレずに 二大政党

まっすぐ 改革                                   敬具


 

このような記事もいかがですか