アッキード事件と議事録

瑞穂の国安倍晋三記念小学院を扱ったいわゆるアッキード事件で不思議なことがある。なぜ守るほうも責めるほうも「議事録」をそんなに気にするのだろうか。

議事録がないと誰が何を決めたかが分からないということは、意思決定が集団で行われているということを意味する。だから議事録がないと誰が売却価格を設定したのかということが分からないのだ。

だが誰かが何かを決めたのは明白だ。同じ価値の土地が豊中市に高値で売却されており、なおかつ地下埋設物の撤去費用は豊中市が支払っているので、森友学園側に有利な計らいがあったことは明らかなのだ。

当初このことを考えたとき「西洋流のジョブディスクリプションが決まっていないから議事録でことの経緯を追うしかないのだろう」と考えたのだが、役所なのでジョブディスクリプションはしっかり決まっているはずだ。

つまり、集団の中でなんとなく物事が決まってゆくというのは実は普通のことではない。プロセスは法律で厳格にで決められており、責任者が何重にも管理しているはずの組織だ。しかし、そこまでやっても誰が何を決めているのか分からないわけで、日本人の意思決定の強い癖が分かる。

官僚システムは「誰も責任を取らない」。官僚は普段は法律で決まったことしかやらないと言い張ることで責任を取ることを回避している。しかし、法律がすべてを想定できるわけではないので、想定外のことが起こると外部からプレッシャーがかかり、責任を分散させて「なんとなく」物事を決めてしまうのかもしれない。

国会は形式が遵守されなかったことを問題にしているのだが、もし本当に役人が法律できまったことしかやらなくなれば役所は全く何の仕事もしなくなってしまうだろう。そこで「責任を取るから」と介入するのが国会議員の仕事になっている。その国会議員たちが「役所が決まったことを逸脱した」と騒いでいるのだから救いようがない。

なぜこうしたことが起こるかというと日本人が絶対に「個人に権限を渡して任せるが、何かあれば説明してもらうし責任を取ってもらう」ことをやらないからだ。。一方で中にいる人も責任を取らされる立場には立ちたくないので、このような環境を甘んじて受け入れてしまうことになるのかもしれない。

だが、森友の件にしても豊洲の問題にしても「大事なことがなんとなく決まってしまい、あとで大騒ぎになる」という事例が散見される。

森友の件は「安倍を追い落とせ」とか「そのうち沈静化してサヨクが悔しがって飯ウマ」などというように語られているのだが、実際にはもっと深刻なことが起きているのではないだろうか。

官僚は「いざというときには政治家が責任を取ってくれるから」という理由で情報を上げたりいうことを聞いてやったしているわけだが、実際には最近の政治家は責任も取らないしいざとなったら逃げ出してしまう。すると政治家には利用価値がないわけだ。いうことを聞いてやる理由はなく、そのまま機能不全に陥ってしまうことになるだろう。

気になるのは、こうした「責任を取らない」政治家が増えているという点だ。組織が肥大化するとドメインが固まるので、そこに手を突っ込んでこない人が好まれるのだろう。適当に祭り上げていれば気持ちよくおみこしに乗ってくれるような人たちだ。

だがおみこしに乗ってくれるような人たちは責任も取ってくれない。何か問題が起こると、膨大な時間をかけて「誰が責任を取るべきか」という追求が始まり、その間必要な議論はすべてとまってしまう。

しかし、時間をかけて追求しても実際には明確な責任者がいないままでなんとなく物事が決まったということが分かるだけなのかもしれない。これは第二次世界大戦への参戦を決めた責任者が誰もいないというのと同じことだ。

とういことはつまり「結果責任を取らせる」という方法を取るのがよいのではと思う。フェアでない裁定が分かれば、政治家の関与などを一切考慮せず、ジョブディスクリプション上の責任者を裁いてしまうのだ。GHQは議事録を見て「戦争はなんとなく決まったんだね。仕方なかったね」などとは言わなかったわけで、フォーマリティだけを問題にするなら、それを徹底すべきだろう。

つまり見せしめにして再発防止を図れということだが、本当にこれしか責任をとらせる方法がないだとしたら情けない気持ちになる。

なぜウヨクとサヨクはTwitterで激突するのか

9月ごろから意識し始めていたファッションがちょっとつまらなくなってきた。基本のスタイル(いわばユニクロのカタログに出てくるようなもの)があるのだが、これはなんとか分かったと思う。ただこれだけでは「WEAR」ではいいねがもらえない。いいねとはいわゆる「トレンドに乗った格好」だと思うのだが、標準からの逸脱をトレンドとみなしているようだ。標準をはずすと少しだけ評価がよくなる。

しかし単にはずせばいいというのものではないようだ。ファッションにはコミュニティがあり、そこに認められた逸脱でなければならないのだ。現在は通常より太いパンツやちょっとだらしない格好が流行中だ。誰か手っ取り早く正解を教えてくれなどと思ったりするのだが「トレンド局」などというものはなく自分で探さなければならない。ファッション雑誌はコミュニティを作っているがファッション雑誌が正解だということもないらしい。

これを一人でやっていてもつまらない。

ファッションは逸脱を通じてコミュニケーションを図る行為といえるのだが、コミュニティはいくつかあるので流行は一つではない。太目の格好をしている人たちもいるのだが、アメカジ風のワークスタイルが流行なのだといっている人たちもいる。

さて、これについて考えていてファッションコミュニティと政治的コミュニティの違いは何だろうかと考えた。共通点と相違点がある。共通点は「正解はあるのだが誰に確認していいのかが分からない」という点だ。これを集団主義という人もいるだろうが、社会集団は構造を持っているので、どちらかというと群れに近い。

ファッションの場合、リーダーが「今年はワイドパンツが流行りますよ」といってもコミュニティは動かない。着ている人たちの承認が必要なのだが、誰に承認を取ってよいのかが分からない。かといってトレンドがないわけではなく「ああ、今年はワイドパンツが流行っているなあ」という実感はある。こういうどこにあるのか分からないが確かに存在するという意味ではトレンドは空気と同じだ。多分政治的意見にも空気があり、政党支持率はそれを計測しようという目論見なのだろう。

一方違いもある。ファッションは複数のトレンドが同居できるし、同じような格好をしていないからといって排除されることはない。しかし政治の場合にはなぜか激しいいさかいが起こる。

ではなぜいさかいが起こるのか。ファッションはワードローブさえ変えれば一人でいくつものスタイルを試すことができるが、政治的な態度はいくつの複雑な価値観が絡み合って作られる。容易に変更できないからこそポジションが固まってしまい、相互にいさかいを起こすのではと考えた。

もしそうであれば政治的なポジションの二極化が説明できない。日本では「右と左」という、よく考えるとなんだか分からないが、確かに「ああ、あれね」というものが存在する。アメリカにもリベラルとコンサバティブという二つの流れがある。

右と左の根本的違いは何だろうかと考えたがこれは簡単に見つかった。左の人たちは内面の価値観を大切にする。一方、右側の人たちの規範は外からやってくる。右側の人たちが「誰を従わせ、誰に従うか」ということをやたらに気にするのはそのためなのだろう。一方左側の人たちの世界は一見ファクトを見ているようでありながら主観に彩られていることがある。

左の人たちにとって災厄は外からやってくる。彼らの恐れは「原子力発電所から出る放射能」とか「人権侵害をいとわず日本を戦争に導く安倍首相」などのリスクだ。一方で右の人たちは自分たちと違う価値観が誰かの内面からやってくることをとても恐れている。例えば、韓国と中国のような同じような顔かたちをしたよそ者とそれに「洗脳されている」人たちが脅威になる。いわゆる「普通」を標榜する右側の人たちは、実は普通が容易にバラバラになってしまうことを恐れている。

左側の人たちは多様性が「普通の価値観を壊す」などとは思っていない。考え方の違いを扱うのにそれほど苦労しないのだろう。一方で右側の人たちは普通である自分たちの価値観が外から抑圧されるとは考えていない。こういうものとは折り合えるし、自分たちは多数派として容認されるだろうという自信があるのだろう。だからお互いの恐れが理解できないばかりか、お互いが脅威に見えるのかもしれない。

ファッションでこのような対立が起こらないのはワイドパンツのモード系の人たちがユニクロ系の人たちの価値観を根本から破壊してしまうなどということが起こらないからだろう。

そう考えると、右か左かというのは実は政治的態度の表明ではなく、自己の同一性がどのように維持されており何によって破壊されうるかという認識の違いに過ぎないのではないかと思った。だからこそ「相手が脅威」に見えるわけで、Twitterなどで対峙すると敵対せざるを得ないのだろう。

安倍首相はなぜリーダーに向いていないのか

今日は、なぜ安倍首相が日本のリーダーとしてふさわしくないかについて考える。

昨日の国会審議は冒頭から荒れ気味だった。朝日新聞がどこかから共謀罪の原案を入手したらしい。テロという文言はなく、単に共謀罪を成立させるためにテロを利用したことがわかる。朝日新聞がイタコか大川隆法氏を呼んだのではない限り、どこかから漏れたことは明白だし、同じ内容が東京新聞にも流れたらしい。

しかし民進党の質問は中身の議論にまでは至らなかった。金田法務大臣の答弁がいつものようにボロボロだったからだ。聞が配られればリークされたことは露見するのだから答弁準備もできたはずである。だが金田大臣は「そんなことがあったのかすら知らないし、根拠があるわけではないが、法務省から漏れたわけではない」と答弁し、議場は騒然とした。最終的には「調査します」と答弁しなおした。すでにボロボロの金田法相はもう気にしていないかもしれないが大臣の面子は丸潰れだ。

つまり、官僚は意図的に新聞社に情報を流したばかりではなく、それに対する対応を一切しなかったことになる。防衛省や経産省でもリークが横行していて、責任を政治家に取らせる手法が蔓延している。どうせ法案は通るのだし、政治家が右往左往するのを見てよろこんでいる感さえある。法案さえ通るのなら、官僚に情報漏えいのリスクはない。

巷ではリーダーである安倍首相が官僚を見下ろしているような印象があるようだが、実際は異なっている。日本は強いリーダーシップを嫌うのだ。しかし、いわゆる「ネトウヨ系」と呼ばれる議員たちはこのことが分かっていないようだ。実務経験の不足から来る誤解なのだろう。

例えば、西田昌司参議院議員の質問姿勢にははらはらさせられた。官僚を呼び捨てにして答弁させた上でめちゃくちゃな持論を展開していた。一方、同じ自民党議員でも長峯誠議員は個別具体的な質問をして有効に時間を使いきった。最後は赤いスイートピーのエピソードまで披露して余裕すら感じさせる。都城市長経験者ということで役所や外郭団体がどのように動くのかよく知っているのだろう。

日本の組織は強いリーダーを嫌う。職域に「土足で踏み込まれる」ことを嫌うのだ。このため職能集団である官僚と政治家の力関係はある意味同等だ。「下から」の不服従はいろいろな方法で示すことができるのだが、普段は忖度してやってあげていることをわざとやらないというのも一つの手だし、情報のリークもツールとして利用できるだろう。「下から」の恫喝は意外にうまく行くし効果もある。

強いリーダーシップを誇示したがるネトウヨ系議員はこれがよく分からないのだろう。組織を動かした経験がない人ほど「大きなもの」を思考することになる。議員様になればえらそうに振舞えるし、憲法の縛りがあって法律が作れないとなると、じゃあ憲法を変えてしまえという思考を持っている。

彼らが気にしているのは「どうやったら相手が自分の言うことを聞くか」ということだけであり、その発言の中身が説得力を持つかということは気にかけない。森友学園の理事長と副理事長が典型的で、役人を恫喝したり「えらい政治家」に擦り寄ればみんな言うことを聞くと思っている。挙句の果てには幼稚園児を集めて「日本(にっぽん)民族」と唱和させていた。さぞかし気持ちがよかっただろう。

鴻池元防災担当相は相当ご立腹だった。森友学園側が「お金で政治家が動かせる」と考えていたからだろう。しかし職能人には「自分の職域で有能に評価されたい」という欲があるので、こうした行為は政治家への冒涜だと考えるのだ。しかし、そう思わなかった人もいる。安倍首相とその婦人だ。わけもわからない幼稚園児に「安倍首相はすばらしい」と言わせたのを見て、婦人は涙を流して感動したそうだ。

民主党の場合は官僚を悪者にして政治家が改革のヒーローになろうとしたことが官僚を怒らせたのだろう。自民党が何をしたのかは分からないのだが、安倍さんのお友達が大手を振るっていることが官僚を怒らせているのかもしれないと思う一方で、天下り調査の進行中も気になるところだ。これは官僚の生活に直接関連することなので素手で突っ込めばやけどをするだろう。

しかしそれより深刻なのは共謀罪が役人の怒りを買っているという可能性だ。共謀罪は捜査機関に政治的な圧力がかけられる法律だ。敵対する政治的組織に「犯罪者集団」というレッテルさえ貼れば計画段階で犯罪化できる。これは官僚の職域に素手で突っ込むことを意味する。

政治家に安倍トモが増えてゆくということは、日本型の組織運営が分からない人たちが大量に跋扈するということを意味している。彼らは官僚が言うことを聞かないなら、人事を掌握したり、ロボットのように動かせる法律を作ろうと考えるのだが、これは官僚の反乱を地下化させることになるだろう。

 

もう着るものに迷わないシステムの構築

もともとは 「向こう一週間の最低気温が5度を超えたら植物を外に出す」というようなシステムを作りたかったのだが、ライブドアのAPIでは最低気温・最高気温も今日と明日のものしか分からない。そこで今日の気温をもとに何を着ればいいのかを薦めてくれるというシステムを作ることにした。

まず下準備として写真にコートやジャケットなどというタグ情報を追加しておく。気温が7度以下になったらコートを着るなどというように決めておくのだ。ポイントになるのは10度近辺だとコートもジャケットも着られるが、7度くらいになるとコートしか着られないというように条件が細かく変わる点だ。

次にライブドアのWeather Hackからお天気情報を引っ張ってくる。今回は千葉市(120010)を選んだ。リクエスト結果がJSONで戻ってくる。PHPの受け取りは意外と簡単でfile_get_content($url)で受け取り、エンコーディングを整えた(多分UTF-8なのでそのままでもよいと思うのだが)うえで、 json_decode($json,true)する。すると配列に情報が入るのであとはprint_rで中身を確認しつつ必要なデータを取り出すだけ。意外と簡単だ。

お天気情報配信はRSSが多いようでこれだと少し使いにくい。Yahoo! はこのタイプ。

さて、個人的に使うものを世界中に発信するわけにもいかないので、いつものようにログイン情報がないと「使えない」旨の表示を出す。ただしお天気情報そのものは商用利用しなければ使っていいですよという仕組みのようなのでそのまま表示する。

ログインすると写真が表示される。例えば気温が7度以上で10度未満だと、コートは表示されないがセーターとジャケットが表示されるようにする。if($max < 7){コート}elseif{ジャケットとセーター}のようになる。とても簡単。

気に入らないコーディネートが表示されたら、ボタンを押して別のイメージをランダムに表示する。データベースをもう一度読むことはなく、予め該当する写真のURLをブラウザ側で蓄積しておく。JavaScriptを利用している。

同じことを、ファッション雑誌でやろうとすると朝起きたときに雑誌をひっくり返して、好みのコーディネートを確認するということになり現実性がない。例によってスマホで見てみたのだが、お天気とコーディネートを一覧するのには明らかに不向きだった。ただ、画像そのものをボタンにするなど工夫をして、とりあえずコーディネートを表示するようなシステムを作ることは可能だ。

このようにファッション雑誌もオンライン化すれば工夫によって様々な再利用ができることがわかる。

豊洲市場の問題は日本の衰退を端的に現している

森友学園が買った土地の問題を見ていて、ふとあることに気がついた。日本は確実に衰退しているらしい。

かつて土地というのは値上がりするものだと考えられてきた。これは都市でも地方でも同じだった。それは日本の人口がこの先も右肩上がりだと考えられてきたからだ。だからどんな土地でも値上がりしていた。だから政治は土地の転売を通じて利益を仲間内で分配していた。

しかし人口が縮小期に入ると地方の土地が値下がりを始めた。と同時に土地の選別が始まった。つまり都心や駅地下の土地が値上がりをし地方は空洞化している。空洞化などはまだいいほうで、災害から復旧できない線区も出始めている。

土地の大選別の時代が始まっているということになる。中心と終焉という構造だけではなく、過去にどんな使われ方をしたかによってその評価が下がる土地が出てきた。トランプで言うところの「ババ」である。

すると、ババを誰が引くかということが問題になってくる。「ババを作って土地の価値を毀損させたら、使った人が責任とってね」というような約束になっているのだが抜け穴があったようだ。

それが分かるのが豊洲と森友学園なのだが抜け穴を作れるのは政治だけである。豊洲の場合は、有毒な土地(豊洲にはマンションがたくさん建っているがあの土地だけは売れなかった)に魚市場を移転させることで、築地の土地を売って大もうけしようとしている人がいたのだろう。

東京ガスは有毒物質を除去すると土地の価値を超えることを知っていたために売り渋っていたのだが、濱渦副知事らは「政治が介入すればそんなことはたいした問題ではない」と言い含めたのではないだろうか。つまり、都民に損を寄せて自分たちはお金儲けをしようとしていた可能性がある。

森友学園の場合、売り手である国が有毒物質(つんとしたにおいがしたそうだ)について知っていたかどうかは分からないのだが、それが分かったと単に土地の価格が下がった。しかし何が土地の価値を毀損させたのかは隠蔽されたままだ。いずれにせよ森友学園は「別に子供が危険にさらされてもいいじゃん」と考え、掘り返した「つんとするにおい」をグランドに埋め戻したようだ。魚市場の地下にベンゼンがあってもいいじゃんというのと同じ感覚だ。

両者に共通するのは「損を被るのは一般庶民や子供」ということだが、背景には衰退を背景とした都心への集中という問題がありそうだ。一見都心部は「再び繁栄を取り戻した」ように見えるのだが、地方の衰退はやがて都市に及ぶ。日本は事実上移民鎖国しているので、外から人が入ってこない。地方が唯一の人材の供給源になっているのだが、地方は溶けつつある。

優良な限られた土地だけが値上がりし、周辺部が溶解し、さらに有毒物質は隠蔽された上で一般庶民や子供に押し付けられる。私たちはそういうニュースを見ていることになる。

原子力発電所の問題も同じように考えることができる。福島第一原発の処理費用がいくらになるのかは誰にも分からない。しかし依然として原発は「安い電源だ」という宣伝が繰り広げられている。これは損だけを切り離して国民に付け替えることができるからだ。つまり、政治が「損の再分配」をしており、関係した人が責任を取らなくてよいルールになっているのだ。

日本国内のプロパガンダをよそに世界的には「原発は制御できない」という認識が一般化している。原発産業は衰退に向かっており、ババを引かされた東芝は優良事業を切り売りすることになった。これも政治が(直接ではないが)絡んでいる。原子力発電は国策で優遇された事業なので関係者が増長してしまったのだろう。

つまり市場経済が「損」を抱えきれなくなり、それを誰に押し付けるのかという世界に移行しつつあることになる。経済は着実に衰退の方向に向かっているのだが、かかわっている人たちは案外そのことに気がつかないのかもしれない。

注目すべきなのは「ババ抜き」に政治が率先してかかわっているということだ。つまり、政治による不利益の分配が始まっており、政治に離れている人たちが損を押し付けられやすいという状況になりつつあるのである。

ショッカーはなぜ幼稚園バスを襲うのか

大学生のころサークルでよく聞く冗談に「世界征服を狙うはずのショッカーはなぜわざわざ幼稚園バスから始めるのはなぜかか」というものがあった。この答えは簡単で、子供向けの番組なので、ターゲット層にとって切実な問題を扱ったからなのだろう。

だが、よく考えると世界征服のために洗脳しやすい子供から始めるショッカーの作戦にはある程度の妥当性がある。だが、ショッカーの幼稚園に子供を通わせる親はいないからショッカーは幼稚園バスを襲うしかないのだ。

さて、そんなことを考えたのは、瑞穂の国安倍晋三記念小学校の件が政治的な大騒ぎになっているからだ。森友学園は幼稚園児を洗脳し次には小学生を洗脳しようとしていた。いわばショッカーが幼稚園を経営していたようなものだ。

そこで問題になるのは親がショッカーと分かって子供を通わせていたかそうでないかという点なのだが、今のところは「分からなかった」ということになっているようだ。ただしいろいろとおかしな兆候はあったようであり、全く気がつかなかったといういいわけも立ちにくい。

保護者たちは必ずしも愛国的教育にシンパシーを感じていたわけではなく「そこしかいくところがなかった」という親もいるそうだ。もし、近くにもっとよい幼稚園があればこのような幼稚園に子供を通わせる親はいなかっただろう。

ここで新しい疑問が沸いてくる。なぜ他の教育機関は稚園を作らなかったのだろうか。ここで、幼稚園とか小学校とかは面倒な事業になっており、まともな企業は手を出したがらないのではないかという可能性が見えてくるのだ。

学校に「洗脳」という側面があるというのは疑いようのない事実だ。例えばミッション系の学校はキリスト教を広めるために非キリスト教地域に作られる学校を意味するし、民主主義を学校から広めるのも「洗脳」と言えなくはない。ただし、善い考えは押し付けるものではなく「内面からよいと信じさせる」ものであるべきである。

今回の森友騒動(一部では疑獄と呼ばれているようだが)は安倍首相が「もし土地の斡旋に関与してたら俺は辞めてやる」などと口走ったおかげで「首相夫人を証人喚問しろ」とか「検察でてこい」みたいな話になっている。だがそれだけが問題なのだろうか。

教育というものに情熱を持つ人がいなくなっており」「変な政治的主張を展開するため」か「補助金を食いつぶすため」か「将来土地を高値で転売するため」だけに教育機関を作るような人たちしか残っていない末に生じた問題だと考えると、大分見方が変わってくる。

つまりショッカーが問題なのではなく、ショッカーくらいしか学校や幼稚園を作らなくなった(つまり誰かを支配したいという病的な欲求を持った人たちしか教育に興味がなくなった)世界だということになり、われわれ側の問題になってしまう。さらにこの問題は有毒物質の存在を政府が隠蔽したのではないかという疑念も呼んでいる。もし掘り返して何かが出てきたとなると、政府が知っていながら子供を危険にさらしたことになってしまうのだ。

言い古された言い方なのだが、日本にはたいした資源がなく、もう人的資源くらいしか未来を託することができるものはない。だから社会が子供を育てるのだというのはおおむねコンセンサスとして受け入れられてきた。そんな国で誰も教育に情熱を傾けなくなったとしたら、国には何が残るのだろうか。

保育園にいたっては、企業もお金を出したくないし、保護者もお金を出せないというような状況になっているようだ。給料も出せないので保育園を作ることすらできない。

高度経済成長期のショッカーは幼稚園を経営できないので幼稚園バスを襲うのだが、もしショッカーしか幼稚園を経営する意欲がないような世界ができてしまったら仮面ライダーも手の施しようがないのではないだろうか。

意外とそんな情けない社会になってしまっているのかもしれない。