タグ別アーカイブ: 政権交代

改革政党の末路

バブル崩壊後、多くの政党が改革を訴えてきたが、金融危機対策は行われず、財政バランスも改善しなかった。政治家は考え方で結びつくよりも「好き嫌い」を優先させて離合集散を繰り返した。また、国民も改革を継続的に支持しなかった。

21世紀に入ってからの政権交代の歴史

小泉劇場に始まる21世紀の政治史。左右対立や従米・反米といった思想対立はない、官僚を叩くと無党派層の支持が上がり、財務省に従って消費税を上げると政権を失うという分かりやすい図式が定着している。