正しい立ち方と4スタンス理論

正しく立てていない。足の土踏まずのあたりをペタペタとついて歩いているらしく、膝が内転する。そこで足の後ろ側に重心を持つと正しく立ったり歩いたりすることができるようだ。

だが、これも一概には「正しい立ち方」とは言えないらしい。4スタンス理論は人間の重心の置き方を4つに分けており、タイプによって正しい立ち方が違う。このタイプを知れば正しい立ち方ができるのだが、タイプは簡単に見分けることができるという。

扇子を手首で扇ぐ人はAタイプで、足のつま先に重心がある。逆に肘で扇ぐ人はBタイプであり、踵側に重心がある。また、コップを持つ時人差し指と中指を使う人は1タイプで、中指と薬指を使う人は2タイプである。つまりA1,A2,B1,B2という4つのタイプがある。

重要なのは軸の使い方で、A1とB2は足と肩の軸が斜めになる。右足が重心の時に軸を作るのは左肩だ。これを「クロス」と呼んでいる。その他のタイプは同じ側に軸ができるということである。

このようにそれぞれの個性がすっきりまとまったように思える4スタンス理論だが、疑問も多い。

前回考えた「正しい立ち方」や「正しい歩き方」は重心を後ろに置いた。前重心で歩いて片脚だけが歪む「変な歩き方」になっていたわけだから「本来とは違う」歩き方をしていたのかもしれない。が、本によると「無理して別タイプの動き方をすると怪我をする」とのことである。自己診断したところA1なので前重心であっている。しかし前重心で歩くと左脚だけが内側に歪むのだ。

また、動きを出す時には前重心だが、どっしりと立つためには後ろ重心の方が都合が良い。一方でポージングで動きを出すためにも、右肩右足を軸にして体全体を曲げたり、逆の肩を使ったりすることがある。ということは4種類を意識するときれいにみえる。特に自分がこれが得意だからこれ以外できないということはない。スポーツときれいな立ち方というのは違っているということなのかもしれないが、これもよくわからない。スポーツが「安定すること」と「力を出すこと」に特化しているからかもしれない。

ファッションモデルを目指して美しく立つ

実に大胆なタイトルだと思う。実際のファッションモデルと呼ばれる人たちはかなり特殊なプロポーションを持っているので、一般人がファッションモデルになることはできない。だが、一般人も自分が持っているポテンシャルを十分に生かしているとはいいきれない。ここで「目指す」としたのは、このためだ。

普通の人がキレイに立つという需要は増している。SNSが発達しているからちょっとでも見栄えのよい写真が欲しいし、ショップ店員がモデルになり売り上げに直結するということも多いだろう。

まず立ってみる

standingmanまず、正しく立ってみたい。ネットで拾った映像を加工したものを準備した。よく、背中とお尻と踵が壁に着くように立ちなさいと言われるが、横から見るとこういう姿勢になっている。

背中に注目すると後ろに湾曲している。つまり後ろに倒れそうになるような感覚がある。裏返すと姿勢が悪い人はいつも前かがみになっているということなのだ。と同時に腰を曲げるような感覚がある。背中を後ろに傾けることで重い頭を支えているという説がある。だから「まっすぐ立て」と言われたら、まっすぐ立ってはいけないのだ。

よく骨盤を立ててとか仙骨を立ててというフレーズが出てくる。正しく立つことができれば骨盤は自然に立つ。

普通の人はこれでよいと思うのだが、太っているとお腹が大きく出てしまう。ということである程度のエクササイズが必要になる。

お腹を引き締める

rollbackお腹を引き締めるためにはドローインというテクニックを使う。ドローインを解説した本はいくつもあり、普通は「インナーマッスルを使う」とされている。

と、同時にこれはファッションモデルっぽく立つためには重要なテクニックになる。いわゆる体幹と呼ばれる部分は常に緊張しているのだ。体幹は背中の筋肉、中の筋肉、腹筋から構成される胴体の下側を指す。モデル立ちしている時には、ここを常に緊張させる。実際にファッション雑誌をみるとわかるのだが、動いているのは脚と胸肩であって体幹はまっすぐになっている場合が多い。脚部が右に傾いていれば、肩は左に傾いているということになり、これでS字を構成しているのだ。

体幹がしっかっりしており柔軟性があると後ろに反り返ることができる。これはGarret Neffという人のポーズで実際にファッション雑誌に使われている。同じようにやってみたが膝が屈曲してしまった。

動ける・動けないということ

お腹を緊張させると動けなくなりそうだが、ドローインをすると腰は自由に動くようになる。ボディービルなどでは危ないので逆にお腹を膨らませて体幹を安定させるそうである。この時点では脚は緊張しているはずなのだが、これでは動けない。脚の緊張を解くことを考えなければならない。実際には片足ずつ緊張させているようだ。

体幹を緊張させると肩も緊張させたくなる。しかしそれではかっこ悪いので肩を回したりして緊張を解かなければならない。さらに胸も張り気味になるので肩を前後左右に動かして緊張を解く。しかし、体幹は緊張させたままだ。

古武道のビデオなどを見ると(YouTubeで幾つか出回っている)昔の日本人はこんな立ち方はしていなかったそうで、もっと「自由に動けていた」という。今のような立ち方が「美しい」とされるようになったのは、明治期以降だということなので、今回の立ち方だけが正解とは思わないほうがよい。

緊張と緩和

diesel

これはDIESELのキャンペーン写真から持ってきたもの。覚えている人もいるかもしれない。男性らしさを表現するとこのような感じになる。脚は大きく開き尻の外側から太ももに緊張が走っている。脚の筋肉は外側から始まって膝のほうに抜けている。決してまっすぐにはなっていない。これは「歩き方」を考える上で非常に重要だろう。なぜ、まっすぐ歩くと脚が内傾しているように見えるのだろうかという問いにつながるからだ。

足を踏みしめるためには土踏まずの外の部分を使う必要がある。この感覚は歩いたり立ったりするときにはとても重要で、これができないと全てが台無しになる。

ただし、実際のポージングにおいては両足を踏みしめていることは少ない。マネキンを見るとわかるが実際に支えているのは片足だけだ。「動ける」というのは重要な感覚で、ダンス、武道、格闘技などで違っているようだが、脚の動かし方にそれぞれのセオリーがあるようだ。かっこいいポーズは動きの表現なので、脚の使い方がとても重要になってくる。

前に見たように背中は反り気味で体幹は緊張している。そして肩もいかりぎみであり、首はしまっている。

で、肩はどうする?

実際にビデオを撮ってみるとわかる。正しく立った状態で、背中を広げると(体幹ではなく広背筋の部分になる)肩甲骨がちょっと浮いたような状態になる。これが「正しい」背中のポジションらしい。なぜ、このようなことを書くかというと、中には「肩甲骨を寄せる」と書いているものがあるからだ。寄せると肩甲骨は閉じられてしまう。それだけ可動域が広いからなのだが、これは正しい姿勢とは言えない。

肩は可動域の多いセクションなのだが、肩こりの人は動きが悪くなっていることがあるという。肩甲骨周りの体操の情報はたくさん出ている。うまく行けば肩こりが治るそうなので取り入れてみるとよいかもしれない。

3秒で小顔を作るには

さて、足から肩まで見てきたのだが、どこか忘れている。それは首である。立ち方を勉強し始めた時、わからなかったのが「糸で釣られたような」という表現である。なぜこれがわからなかったのかといえば、実際には糸なんかないからだ。

実際に写真を撮ってみると頭が小さく見えるものと大きく見えるものがあり、コーディネートのせいなのだと思っていた。全身を緊張させて立って状況は変わらない。成功率が高いのは後ろに反り返ってみたときだった。だが、やがて元に戻ってしまう。これが「首」によるものだとわかるまでかなりの時間がかかった。

実際にやってみるとわかると思う。鏡の前で普通に立ってみる。次に首を伸ばしてみて立つ。それだけで顔の大きさの1/2くらいが稼げる。つまり6頭身の人は6+1/2頭身くらいになれるわけである。これは3秒でできる。

よく考えて見ると首の骨が伸びるはずはないので、前に倒れているものが上に伸びているだけなのだとは思う。だが、いったん首が伸びるとしばらくはそのままなので、実際にある程度伸びているのかもしれない。肩から首にかけてはかなり複雑な構造になっているので、わかりやすい表現がないのだろう。これをわかりやすく伝えようとして「糸の例え」が出てくるのだとは思うのだが、実際にはあまりわかりやすい例えとは言えないと思う。スタイルに大きな影響を与えるので、小顔を目指して首を前後左右に動かしてみるとよいのではないだろうか。

実際のポージング

まず首まで伸ばして立ってみる。男性の場合、肩幅に開きつま先は開き気味になるのが正しいポジションだ。体幹は緊張させたまま肩は力を抜く。片足は力を入れたまま(尻の外側から太ももに緊張が入る)片足は自由にする。肩は自由にして動かすようにすると変化を出すことができる。ここまでできるようになると、S字ポーズの作り方自体はいろいろな情報が出ている。

さて、ここまでいろいろと書いてきたのだが、実際のファッション雑誌のポーズは参考にならないものがある。これはMens Non-noのモデル高橋義明のもの。足が長く頭も小さい。このために、普段は足の細さが目立たないように錯覚を利用したり、わざと猫背にしたりしているようだ。これが雰囲気があってかっこいいということになっているわけだが、普通体型の人がやると怪我をする。

同じく中田圭祐のページ。ああこの人「頭小さいなあ」と思えるものがあるが、普通に見えるものもある。立ち方一つでバランスは大きく変わるのだ。

もちろんコーディネートによってもスタイルは違って見える。顔の近くにVゾーンを作ると顔との対比で小顔に見えたり、ヘルムホルツ錯視などを使ってラインを作ったりすることができる。

20151024-003

ただ、若者向けの男性雑誌のモデルが全てダメということはないらしい。たいていの人はモデル事務所に所属していて、正しいポーズを身につけてからリラックスの姿勢を覚えるようだ。一方、ストリート系の雑誌には素人を使っているところも多い。

 

そもそもちゃんと立ててないんです

今日凄い発見をした。ちゃんと立ててないのだ。正確に言うとちゃんと歩けていないのだが、まあ同じようなことだ。

ことは病気をして運動ができなくなり肥ってしまったことに始まる。しばらくはあり合わせのものを着て過ごしていたのだが、さすがにそれはまずいだろうということになり、いくつか洋服を買った。しかし体型が変わったせいか全く似合わない。ファッション雑誌を読んだのだが全く分からず八つ当たり気味の文章を書いたりした。しばらく写真を撮っていると「お、これはいいぞ」と思うものがある。だが、再現できない。そこでビデオなんか撮影したりして「何がいけないんだろう」などと探り始めた。

まだちゃんと立てていないのだが、途中の感想として「イケメンなら洋服はユニクロで十分」という結論に達しつつある。そして、体型が壊滅的にまずいわけではないらしいということも分かった。だが、ちゃんと立てない。

ビデオなので、録画ボタンを押してから立つまでに時間がある。その間の歩き方がなんか無様だ。これを見て「うわー歩けてないんだ」と思った。脚が伸びていない上に左脚が内側に入っている。そこでファッションモデルのビデオなんかを見たりした。人間の太ももというのは骨盤の外側あたりから膝に向かって斜めに筋肉が走っている。そこで太ももの外側を中心に力を入れたりした。お尻の外側の筋肉と太ももの裏側に緊張が走る。いくらかマシになった。で、思い切り外股に歩いたりしたが、それでも左足が内側に入る。その上とてもぎこちない。

んーなんか変だ。X脚なのかなあとも思い、親を恨んだりしたのだがのだが、それもなんか違う。

ゆっくりと膝が内側に入らないように歩いてみる。なんか足の外側で立っている感じになる。これ変な感覚だなあと思った。土踏まずの周辺で歩くような感じだ。で、ビデオをもう一度見てみた。

ここまで一週間くらいかかったがやっと理由がわかった。土踏まずの引っ込んだ所で歩いている。なので足首が着地するたびに「ぐねっ」となる。一度わかるとあとはするすると謎が解ける。靴の内側だけが減るのはそのためだったんだと思った。足を引きずるように歩いている上に足首が歪んでいるのだ。

昔から体育が苦手だった。特に徒競走などは大の苦手だ。ああ、ちゃんと歩けてなかったんだと思った。こういうのは学校で教えるべきなんじゃないだろうか。算数なんか使わないことがあるかもしれないけど、歩くのは毎日のことだろう。子供の頃に教えてもらっていれば、人生違ったかもしれない。

いずれにせよ、足元ができていないのに脚や尻だけをいじっても仕方なかったのだ。よく「正解なんかないことの方が多い」みたいなことを偉そうに書いているのだが、正解が存在することもあるんだなあと思った。

それにしてもちゃんと歩けないとは、とても情けない。部活で野球とかサッカーとかやる人は、立ち方や歩き方なんかを習うんだろうかなどとも考えた。

立ち方に関する覚え書き

全身写真を撮影すると姿勢が崩れているらしい。だがやっかいなことにどう崩れているのかがわからない。背伸びをして写真を撮影すると少しはマシになるが安定はしない。基礎ができていないのに無理矢理背を伸ばしている感じだ。ということで、基本の立ち方について調べてみた。

基本の立ち方

pause1

実は背中が尻よりも後ろに来るのが正しい姿勢らしい。背中(A)を湾曲させるのだが、だらっとした姿勢を続けているとすぐに湾曲を作るのは難しい。感覚としては反り返っているような感じになってしまう。そもそも背中の筋肉が弱いということだから、背筋のトレーニングをやっておくと正しい姿勢を作るのに役立つ。

この湾曲がきれいに作れると首(B)が斜めになる。このとき重心はかかとあたりに乗ることになる。一度つま先立ちしてみて足をおろすと正しい重心になるとされている。

さらに肩を開いて背中の上部に力を入れる。肩を後ろに引くのが正しい姿勢である。

次いに腹筋に力を入れる。へそが一番前に出るのだからそのままではおなかを突き出すことになる。ちょっとへこませるような感じだ。

次は脚だ。まず肩幅で立つのだが、そもそも何が肩幅なのかがわからない。骨盤の部分(C)から大腿骨が伸びている。これが膝に向かってまっすぐに伸びたのが「正しい」立ち方である。外腿に力を入れる感覚で立つときれいなパンツのシルエットを作ることができるのだが、人によっては外腿で支える「がに股」の人がいるということだ。

前から見た場合にはこれでまっすぐな脚が作れるんのだが、実は足がまっすぐになっているかはわからない。つま先が上がらなければ膝が伸びていない。膝を後ろに引くような感覚にして横からみるとそれが「まっすぐ」だったりするようだ。

横から見ると踵→膝→腰→胸→首とまっすぐになっていないことが分かる。実は少しずつS字に傾きながら重力を支えているようである。

モデルのポージングを実践する

pause2基本的にここまでができると次に進める。次にポージングを実習する。

この姿勢、傾きが多いようだが、実はまっすぐに立っている。ポイントになるのは上半身だ。傾いているように見えても肩を引いているだけということがあり、体幹はまっすぐになっている。ただ、これだと退屈なので脚の重心をやや動かしたりする。基本的に膝は引き気味になっていて、足をあげている側の膝を前に出すようにするとよい。

実は大きく肩を引いて手を動かしながら歩くのと同じ構図になっている。実際のポージングを観察すると基本の立ち方を保ったままで、重心を微妙に変えている。基本の立ち方が崩れているとどこかに無理がきてバランスが崩れる。

 

歩く

いきなりきっちりした姿勢をとることはできないし、ポージングの練習ばかりはしていられないので歩き方を練習するとよさそうだ。まず背中の湾曲を作る。次におなかを引っ込める。さらに大腿骨上部の骨頭から膝にかけて大きく脚を使うように意識するとよいらしい。このような歩き方は脚を長く見せる効果があるとされる。