ネットコンテンツにおける要約の大切さ

100x100要約は重要だ。文章の最初に要約を持ってきたところ、1.5倍から2倍程度ページビューが伸びた。たくさんの人に読んでもらいたい記事では気をつけたいポイントである。

ページビューが伸びた原因は「共感されやすさ」だ。要約を読めば結論が分かるので、Facebookの「いいね」が付きやすかった。結論はどちらでもよい。読者の中には幅広い価値観を持った人がいるからだ。

利点は他にもある。要約が最初についた記事は誤解を防ぐのに役立つ。ネットには「要約サイト」が出回っている。筋だけを使われて、結論を一般常識に合わせて変更される場合があるらしい。少しでも複雑な論は読み飛ばされてしまうようである。

このように利点が多い要約だが、問題もある。

すぐには答えが出ない問題を考えたい場合、結論を急ぎすぎると考察が先に進まない。「結論が出るまで発表しなければよいではないか」と思われるかもしれないが、公開することによって書くモチベーションが得られる。中にはよい知恵を持っている人が現れるかもしれない。

いずれにせよ、ネットの読み手は驚く程時間が足りないらしい。最近、こんな例を読んだ。

河野太郎(息子)が河野洋平(父親)と混同されて、「河野談話」で非難されることがあるそうだ。中には河野洋平が亡くなっていると誤認している人もいるそうである。「少し調べればわかる」はずなのだが、必ずしも期待はできないのだ。

さて、要約が大切なら「文章そのものを短くすればさらに読んでくれる人が多くなるのではないか」とも思える。ということで、前回の「ボーダー柄は太って見えるか」とこの記事(ネットコンテンツにおける要約の大切さ)は実験として文章を短くした。少なくとも今のところ「読む時間は同じ」らしい。つまり、長くても読み飛ばされるし、短ければもう少し詳細が知りたいと思うのではないかと類推される。

蝶ネクタイの結び方

靴ひもが結べますか?だったら、蝶ネクタイも結べます

ボウタイ、もしくは蝶ネクタイ。結び方が分からない、という人は多いのじゃないだろうか。ネットで調べると、イラストやビデオが山ほど出てくる。しかしなんだか要領を得ない。肩も頭も痛くなってくる。

しかし、探しているうちにわかりやすいページを見つけた。ダンヒルのページ。一言「ボウタイは誰にでも結べます」と書いてある。靴ひもと同じですということだ。そう、靴ひもと同じ蝶結びなのだ。

太ももにボウタイを巻いて、蝶結びにしてみた。あっさりとできた。次に首に巻いて鏡を見たら、またできなくなる。

テレビをみながらやると簡単にできた。どうやら蝶結びのやり方は頭でなく、手が覚えているらしい。不思議と意識をそらしたほうがいいのだ。

意外と新しいボウタイの歴史

男はなぜネクタイを結ぶのか (新潮新書)によると、ボウタイはネクタイを蝶結びにしていた時代の名残で結び目の部分だけが残った形なのだそうだ。

歴史は意外と新しく、初出ははっきりとはしないものの1850年代頃だそうで、最初に流行したのは1900年頃だということだ。

この本にはチャーチル、リプトン、プッチーニがボウタイ好きとして挙げられている。それぞれにストーリーがあって、意外と面白い本だった。リプトンのボウタイは蝶の形ではなく、クローバーの形に開いている。アイルランド系の出自を現しているということだ。最初から結ばれているボウタイも売られているのだが、手結びのボウタイは、すこし崩している方が味がある。緩く結んでもほどけないのは、よいシルクを使っている手結びボウタイにしか出せない「味」なのだという。

普通のスーツにボウタイをあわせてしまうと、なんだか古めかしい感じになってしまう。最近は、意外とカジュアルでもありのようだ。

手結びのボウタイを売っている店は少ない。ブルックス・ブラザーズと、ポロ・ラルフローレンには置いてあった。だいたい7,500円から8,500円程度。この他にも「アメカジ」とか「フォーマル」のコンテクストで売られているボウタイもある。ブルックス・ブラザーズは通販でも購入可能だ。

ヘルムホルツ錯視とボーダーのシャツ

ついに科学的に証明された

かなり経験的に書いたのだが、ついにボーダーは細く見えるという研究結果が発表されたようだ。

まとめ

  • ボーダーのシャツは縦長に見せる効果があり、背が高く見える。これはヘルムホルツ錯視といわれる。
  • しかし、太った人が着るとお腹のふくらみが強調され逆効果だ。
  • また、背が高い人がこのテクニックを使うと、却って不自然に見えるだろう。
  • この他にも縦長に見せるテクニックはいくつかある。例えばミュラー・リヤー錯視などが有名だ。Vゾーンを強調したり、Yの形を作るとよい。
  • 洋服が部品化しているので、アイテムやブランドに惑わされず全体を揃えよう。

背を高く見せるためには横縞のシャツ

さて、背を高く見せたいときに、縦縞のTシャツと横縞のTシャツ、どちらを着ればいいのだろうか。服だけを見ると、横縞は横のラインを強調して太って見えると思うかもしれない。一方、縦縞は縦の線が強調される。だが、これは間違っている。

sakushi001

答えは単純。背を高く見せる為には、縦のラインを強調する横縞のシャツを着るべきなのである。理由はいくつかある。

左の図には2つの縞があり、縦縞は横に長く(つまり太って)見える。これをヘルムホルツ錯視と呼ぶ。これををハードウェア(つまり網膜の動き)からは説明できない。脳の学習の結果、錯覚が生じるとされている。いわばソフトウェアの不具合なのだが、なぜこうした違いが生まれるのかはよく分かっていないそうだ。

次にこのコーディネートではパンツからボーダーのシャツまでひとつながりの流れが作られているのがわかる。すると縦の線が強調され、背が高くまとまって見えるのだ。服は全体を構成している。

ただし、ストライプには体の線を際立たせる効果がある。太ってお腹が出ている人が横ストライプのTシャツを着るとふくらみが強調される。このふくらみは横縞の方がより強調されるから、太ったお腹を隠したい人は、横縞のTシャツを着ない方が良い。

だからといって、全体を横縞模様にしても、背が高くは見えない。人間の体は縦に長い長方形だ。長方形では縦ラインを作った方がすっきり見える。つまり正方形のように「一瞬どちらが長いかが分からない」場合には、ヘルムホルム錯視が成立するのだが、明らかに長さが違っている場合には、流れの方が強調されるのである。いずれにせよコーディネートは重要だ。

その他の錯視で縦長ラインを作るには

sakushi002

コーディネートで使える錯視はこれだけではない。ミュラー・リヤーと呼ばれる別の錯視もある。横棒の付き方によって長さが違って見えるという錯視だ。長さや角度によって効果に違いあるそうだ。時々、セーターやシャツの模様としてY型のラインが付いているものがあるが、これはミュラー・リヤー錯視を利用したものだ。このように錯視はデザインの一部として様々に利用されている。

視覚効果を学ぶには

コーディネートを勉強する上で視覚効果を知るのは重要だ。『錯覚の世界 – 古典からCG画像まで』のように錯視を扱った本も出ている。また錯視を特集したウェブサイトもあり、どのような基本的なテクニックがあるかは簡単に調べる事ができる。

ファストファッション全盛だからこそ、テクニックが重要

背を高く見せるテクニックにはいろいろなものがあるが、そもそもこうしたテクニックが必要とされるのはなぜなのだろうか。

かつて、こうしたテクニックは大した意味を持たなかった。例えば、「スーツそのもののシルエット」は選べなかった。かつて、バブルの時代にはみんなゆったり目のスーツを着ていた。今では「なんとなくヘン」な格好だが、当時疑いを持つ人は多くなかったのだ。

ところが、消費者がそれぞれ好きな形を選んで服を着るようになると、さまざまな要素の中から、自分にあった服を選ぶ必要が出てくる。加えて、最近の洋服は体の線を出すようにデザインされているものが多い。こうした背景から、最近のファッション雑誌の中には、錯視などのグラフィック要素を使って体型の補正の仕方を取り上げたものが出始めている。

sakushi003

伝統的なファッション雑誌は、製品に合わせてモデルの体型を変えている。パンツの形をきれいに見せたい場合、足の長いモデルを使うといった具合だ。だから、ファッション雑誌を真似しても「期待通りに見えない」といったことが起こる。

Tシャツの特集などでは、それぞれ体型が異なったモデルが、めまぐるしく変わるいろいろな模様のTシャツを着ている。見ている側は、統一的なルールが分からなくなり「ああ、きれいだな」とか「このモデルたちは格好いいなあ」と思って終わりになる。洋服屋に行っても錯視について知っている店員は少ないので、どんなTシャツに体型を補整する効果があるかどうかは良くわからない。一方、新しいファッション雑誌は、できるだけ読者層に近い体型のモデルを使うようだ。出来上がりが予想できるので、失敗が少ないといえるだろう。

アイテムやブランドに惑わされず、全体を揃えよう

錯視といっても、それをどこの部分にどれくらい使うかによって効果が異なる。つまり、さまざまな錯視を網羅しただけでは、的確なコーディネートは作れない。部分ではなく、全体が大切だということになる。また、幾何学模様は完璧でも、色がバラバラだったり、素材感がめちゃくちゃだったりすると、やはりファッションコーディネートとしては使い物にはならない。部品にだけ着目せず全体を意識するのが重要だ。

立ち泳ぎの練習法

立ち泳ぎはなぜ必要か

立ち泳ぎは次のような時に役に立つ。

  • 水の中で顔を出して静止することができる。
  • 足の付かないプールや海などで溺れずに浮いていることができる。
  • 水球やシンクロナイズド・スイミングのように立ち泳ぎが前提になっているスポーツもあれば、救命の為に必要とされる場合もある。
  • 立ち泳ぎは水中動作の基礎になっているので、練習すると、背泳や平泳ぎがマスターできる。



立ち泳ぎの練習法

プールに入る前に椅子に座って「巻き足」の練習をする。腕で確認するとよい。両腕を内側に巻き込む。同時に腕を内側に入れるとぶつかってしまうので動きを時間差で行う。これができるようになったら水中に入り練習する。これを巻き足という。

これとは別に平泳ぎのように踵をお尻に近づけて蹴り出す方法もある。これをふみ足という。

最初は水の中で安定して浮いていることができないので、ビート板につかまり前か後ろ(大抵後ろだそうだ)に巻き足で泳いで行く。

練習と時間経過

実際にやってみた。もちろん習得には個人差があると思う。

最初の年は「やっと浮いていられる」程度にしかならなかった。だが、ここで練習を中断してしまっても構わないようだ。体が動作を覚えていて、次の年はこれを思い出しながら練習ができるようになる。つまり、しばらく休んでいるうちに頭で情報が整理されて次のシーズンにはうまくできるようになるのだ。

しばらく練習していると技術がそこで止まってしまうので、課題を加えて行くとよいようだ。例えば、手を水中に出すと難しさが増す。また、立ち泳ぎの姿勢から泳ぎの動作へ移る練習をすると、水中でスムーズな動作ができるようになるだろう。

立ち泳ぎを巡る混乱

このように水泳の基礎とも言える立ち泳ぎだが、まともに解説した文書は少ない。また立ち泳ぎを研究した本も一般に売られていない。多分1冊の本にするほどの分量がないからだろう。子どもの頃から水泳の練習をしていると自然にできる人が多いので、取り立てて立ち泳ぎだけを覚えようという気にはならないのかもしれない。しかし、かなり泳げる人でも立ち泳ぎだけはできないという人もいるようだ。

最初に書いたように立ち泳ぎには二つのやり方がある。一つは足ひれをつけたようにして甲で水をかく「あおり足」。もう一つは平泳ぎのように足を蹴るふみ足だ。ふみ足では交互にキックを行う。

これを洗練させてゆくと、やがて巻き足と呼ばれる動きになる、とされるのだが(平泳ぎをやっていると自然に巻き足になると書いてあるものもある)実際にはそうはならない。また、ふみ足と巻き足の中間のようなやり方を「巻き足」として紹介しているものもある。

このように、本や解説者によって微妙に言い方が異なっているのも学習者にはやっかいだが、つまり人によっていろいろなやり方があり、自分の習得した方法を人に説明しているということなのだろう。目的さえ達成できれば解説がすべて理解できなくても構わないということになるのかもしれない。

人はそのまま浮いていると耳の線あたりまで浮かぶ。じっとしていてもほとんど浮いているわけだ。じたばたと動くことで逆に沈んだり、あらぬ方向に動いてしまったりする。練習すると一時的に事態が悪化するので、最初は「練習してもムダなのではないか」と思ったりする。

巻き足を文章で解説するのは難しい。この解説では、膝から下を左右交互に内側に向けて円を描くように回す。と言っているがほとんど意味不明だろう。これは実際の動きが三次元的であり、加えて水の中で行われるために自分がどのような動きをしているのかよく認識されないからだろうと思われる。自分でやってみると頭の整理ができない。が、ここであきらめずにジタバタしてから、しばらく時間を開けるのも手かもしれない。休んでいる間にも脳は情報を整理しているからだ。

立ち泳ぎの技術

立ち泳ぎにはいくつかの技術が必要だ。通常、技能とはみなされないものを含む。

  • 水の中で垂直に浮かんでいることができること。
  • 水の中でじたばたと動かず、また動きが下に沈む力にならないこと。
  • 足が柔軟に動くこと。

英語で巻き足のことをEggbeater Kickと呼ぶ。実際にやってみると分かるのだが、最初のうちは、蹴り下ろすときには大きな揚力が得られそうだが、逆に足を引き上げるときに下に沈んでしまう。また、かなりの柔軟性がないと足を引き上げることができない。さらに、腿の動きに気を取られると足首できちんと水をかけない。

別の解説によるとそれぞれのパーツの角度は90度になる。かなり持久力が必要だと書いてある。つまりある程度陸上で柔軟運動をしてから水に入る必要がある。

このように解説しているものもある。(サイト閉鎖のためにリンクは削除しました)

座位(椅子に座った姿勢)で膝を横に開き、下腿を左右交互に動かして推進力を得る技術。
膝をできるだけ広げ、片脚ずつ足と下腿で大きな円を描くように動かします。左脚は時計回りに、右脚は反時計回りに左右交互に動かします。脚の動きが電動式調理器の「卵かき混ぜ器」に似ていることからこの名がつけられました。指導現場においては、エッグビーターキックを通常「立ち泳ぎ」または「巻き足」と呼んでいます。

送信者 Keynotes

図だと難しいが動画だとこのような感じになるらしい。

水球で立ち泳ぎしている人はそれほど足が曲がっていない。

シンクロのサイトを見ると、水球のキックのように足を振り下ろしてはいけないと解説されているようにすら思える。つまり解説者によってそもそも理想されるフォームが異なっているのである。

初歩からの練習法

日赤の資格試験などでは手を使わずに5分ほど立ち泳ぎができなければならないとされるそうだ。この場合には専門のコーチについて練習するべきだろう。しかし「取りあえず浮いていればいい」のであれば、自分でも練習できる。

  1. まず、地上で正座をする。膝を曲げたままで足を横に広げお尻を直接地面につける。これは巻き足の最初の足のポジションと同じだ。
  2. 次に足の動作を地上で確認する。椅子に座って行うとよいらしい。
  3. さらに水の中に入り同じ動作を行う。
  4. 最初は水の中で安定して浮いていることができないので、ビート板につかまり前か後ろ(大抵後ろだそうだ)に巻き足で泳いで行く。推進力を確認する。
  5. 推進力が付いたら最終的に水中で静止しつつこの動作を行う。

しかし、このやり方だと「立ち泳ぎ」ができるのは最後の最後だ。人によっては1か月も2か月も全く成果が出ないことが考えられる。成果がでないと飽きてしまうかもしれない。

  1. まずは無意識に水中で足をまわすことができるように練習する。水の中ではなかなか意識的に足を動かすことはできない。
  2. 続いて、平泳ぎの足を交互にくり返し浮く感覚を覚える。水中で行うか(揚力が十分ないために浮き上がれない)ビート板を使って平泳ぎの足を行う。ビート板で首まで出るようになれば、実際にはビート板なしでも浮き上がれる程の揚力が得られている。しかし、手のポジションが変わると水の中でのバランスが崩れるので、手を前に組んでバランスを取るようにするとよいようだ。
  3. これが継続的にできるようになったら、手を使って揚力を補ってやる。すると辛うじて首を水の上に保持することができるようになる。
  4. この時点でふみ足が完成する。
  5. あとはこの動作に慣れ、徐々に足の柔軟性を増して巻き足に移行するのである。

このやり方は早く浮く事ができるようになるが、きれいな巻き足にはならず、なかなか検定に合格できるほどのフォームに移行することは難しいかもしれないが、どうにかして浮いてしまえば、あとは練習を繰り返しているうちに自分なりのやり方を覚えることができるだろう。立ち泳ぎにはこれといった正解がない。まずは水に浮いて静止できるようになってから、フォームを整えるのが良いのではないかと思う。