英語は飽きたらやめなさい

前回も書いたのだがQuoraで「日本人が英語ができないのはなぜ」か問題というのが定期的に出てくる。前回は「日本人が」というのと「私が」というのでは結論が変わるという話を書いたのだが、今回は言語学習そのものについて少し考えてみたい。いろいろ発見したことはあるのだが、細かいことを書いても伝わらなさそうなので、一つだけを伝えたい。それは「語学学習は飽きたらやめるべき」ということだ。語学学習は「同じことを続けてはダメ」なのだ。

すでに習得してしまったので「英語ができない」という人の気持ちがわからない。そこで昔挫折した言語をやってみることにした。もともと学生時代に海の向こうから聞こえてくるラジオの言葉が理解したかったという動機で始めたのだが、だらだらと全く理解できないままで数十年が過ぎた。だから、文字と漢字由来の言葉をいくつか知っている程度で全く進展しなかった。旅行に行ったことがあり「トイレはどこですか」「駅はどこですか」「これはいくらですか」「これを一つください」は言える。

韓国語の形容詞と動詞には固有語が多くそれが記憶できない。英語も同じところでつまづいた記憶がある。中学生の時に学校でボキャビルをやらされたのだが根気がなく続けられなかった。必要かどうかがわからない単語をいくつも覚えて昇級するというシステムに「バカじゃないだろうか」と思った記憶がある。結局英語が使えるようになったのは英語だけで生活するようになってからである。

そこで単語のCDを入手し、ヤフオクで落としたiPodに入れて聞いた。繰り返し聞いたのだが、全く覚えられる気がしなかった。韓国語の動詞は短いものが多く、単語のように思えないのだ。5級の最初の部分でさえダメという状態だ。これは一ヶ月くらい聞いていたがあまりにも覚えられないので苦痛になってやめてしまった。

そのあと、K-POPの歌詞を検索して意味を調べるということをやった。先に和訳してくれている人たちがたくさんいるのである。ところがこれも挫折した。意味を掴むには十分だが、細かく見るとわからない文法要素が多い。文法が日本語と似ており語尾が変わると意味が反対になったりするし、細かいニュアンスや、立場の違いによって語尾が変わったりもする。語尾を間違えただけで「失礼だ」といって殴られかねない言語なのである。多分日本語を覚える人も語尾学習は大変だろうなと思ったので、そういう人に会ったら優しくしてあげようと思う。あまりにも覚えられないので、OpenOfficeに簡単な文法辞典みたいなものを作ったのだがそれでも覚えられない。これも嫌になってやめた。だが、そのあともYouTubeにあるプレイリストは聞き続けた。

さらに同じ頃にYouTubeで3分ほどのバラエティ番組の字幕の書写を始めた。GoogleTranslateに入力するのだ。ローマ字入力ができるマイナーな方式をMacに入れた。この点Macは便利だと思う。最初はタイピングミスなどがあったがこれは3日くらいで覚えられた。韓国語はスペルを固有に覚えて行かなければならない。そしてよく使う単語ほどスペルが難しい。

このように最初の二ヶ月くらいは挫折しかないという時間が過ぎ去った。YouTubeで聞けるたくさんのミュージックビデオを素直に聞いている時が懐かしいと思ったくらいである。と同時に、もう歳だから新しい記憶は無理なのでは?とも思った。

最初に「あれ?」と思ったのは、最初の歌を繰り返し聞いている時だった。さすがに三ヶ月くらい聞いているとところどころ覚えてくるのである。偶然聞き続けたこの歌は「今僕がいう言葉は異常かもしれないが、なぜかちょっと君は難しくて僕は途方にくれる」で始まる。基本的には求愛の歌だが韻を踏むために「真夏の夕立」とか「赤い赤道の影」「砂漠の塩」などというよくわからない言葉も出てくる。ちなみに「途方にくれる」に当たる口語的な「쩔쩔매」をGoogleTranslateは正確に翻訳してくれない。最初はいちいちこういう言葉や文法要素に引っかかっていたのだが、とにかく聴いているうちになんとなくところどころ覚えてしまった。

最初はでたらめだと思っていた音の列が意味を持って聞こえてくるという「例のあの」瞬間がやってきたわけだ。

ここで再発見したのは諦めたあとでも脳では情報処理が続いているということだ。昔このブログで立ち泳ぎについて何回か書いたことがあるのだが、最初はジタバタしていて「立ち泳ぎなどできるはずがない」と諦めても脳で情報処理は続いていて、次にやってみるとできるようになっていたりするのだ。ここで嫌々やっていると苦手意識がついてしまうのでしばらく離れてみたほうが良い。

語学学習は単なる学習ではなく「体育的」な要素を含むので離れることが重要になってくる。理解するのではなくできるようになるのが大切なのだが、わからないままやっていると苦痛になってしまうのだ。

こうなると徐々に単語が覚えられるようになる。8月に聞いても全く覚えられる気がしなかった形容詞や動詞がなぜか半分くらいは頭に入っている。いろいろやっているうちになんとなく覚えたのだろう。こうなると「理解」が使える。よく間違える単語のスペルに気をつけたり、似ている音韻の別の形容詞が覚えたりできるのである。最初は点だったものがお互いに結びついてネットワークが作られるのだ。理解を司る脳の分野には最初に餌となる点をたくさん与えてやらなければならないようだ。つまり「わかる」というのはあらかじめ覚えているものを結びつけてゆく作業であり、わからなくても記憶プロセスそのものは進行している。そして点がなければ理解もできない。

最後の難関は副詞でこれは今でもかなり怪しい。例えば「まさか」とか「すでに」とか「もしかして」とかその類のものである。だが、これは別のやり方を見つけた。ドラマを見るとキーフレーズが頭に残ることがある。例えば「私は未だに先輩みたいなパートナーに出会っていません」とか「考えているよりも」とか「突然なんだよ」とか「ま、まさかお前」いった具合に表情と音が結びつくと副詞が覚えられる。ただ、どのシーンが頭に残るかはわからないので、手当たり次第に日本語の字幕が入ったドラマやバラエティ番組を見た方がいい。いわゆる言語シャワーというやつである。

今回はやや散漫になってきたのでポイントになりそうなところをまとめる。ポイントは集中してやって嫌になったらやめることだ。

  • まずは無駄な基礎運動を続ける。これをやらないと難しいところには進めない。
  • だが、嫌になったらやめてもいいし、むしろ積極的にやめるべきだ。「嫌になる」ほどやると、あとは脳が処理を始めてくれる。
  • 次に、自分が先を知りたいとか何を言っているのか是非とも知りたいと思うようなものを見つける。
  • わからないという苦痛はできるだけ避けて、わかりたいという欲求を大切にする。

ということで勉強を再開して四ヶ月が経過しようとしている。そこで、ドラマを見て筋を覚えてから今度は音声だけを聞いてみた。すると全てではないがほとんど「どのシーンか」はわかるようになった。全く意味がわからない音の羅列ではなく言語に近づいてきている感じがする。

年をとっているので記憶力は確実に落ちているものと思われるが、それでもこれくらいは記憶できるんだなと思った。「若かったらもっと覚えられたのに」とは思わない。昔からそれほど記憶力や理解力に恵まれていなかった上に勉強は苦手なので下手な成功体験がないからである。

言語学習は自転車の乗り方を覚えたり水泳のやり方を覚えたりするのに似ている。ある意味スポーツに近い。そして、一回新しいことを覚えると今度はそのやり方を横展開して別のことを「もっと早く」覚えることができるようになるのではないかと思う。

ここから言いたいことはたくさんあるのだが、あえて一つ挙げるとしたら言語学習は「苦手だ」と思ったらやめてもいいということである。ただ、やめたあとでも処理は続いているので「全部やめてしまう」よりもやり方を変えて飽きずにやれることを見つけるのがよいかもしれないと思う。苦痛を減らしてできるだけわかる喜びをこまめに見つけると言語学習は長続きするのではないかと思う。

いつまでも英語が習得できないのはどうしてなのか?

今日は英語の習得について考える。日本人は英語が苦手とされており「学校教育が悪いから英語がいつまでたっても習得できない」という意見が根強い。これについてはいろいろ思うところがあるのだが、ある程度英語が使えるようになってしまったために、それぞれの意見が妥当なのかがよくわからない。いったんできるようになってしまうと、なぜできるようになったのか忘れてしまうのである。

最近、韓国語をやり直している。韓国語に興味を持ち始めたのは高校生くらいの時だと思う。ハングルは簡単なので時間をかければ読めるようになったのだがそれ以上進まない。韓国に行ったときには日本語と同じ順序で漢語を並べると通用するので感動したのだが、それでも「ホテルに電話したいのですか」と「トイレはどこですか?」しか覚えられなかった。

少し思い立ってやり直しをしようと思った。手始めに韓国語の初級である「5級」の単語集のCDを見つけて繰り返し聴いているのだが、いつまでたっても単語が覚えられない。「ああ、やっぱり年を取ると記憶力が落ちるんだなあ」などと諦めかけたのが7月の末頃だと思う。

しかし、年齢ばかりを言い訳にしていても仕方がない。中学のときにボキャビルが苦手だったことを思い出した。友達の中にはスイスイと覚えて次の級に進む人もいるのだが、単語帳をただ覚えるのは退屈でいつまでたっても覚えられないのである。自分は怠け者で勉強ができないダメな人なのだと思っていた。

だが、今にして思うと「興味がないこと」が続かないだけの普通の人なのかもしれないと思う。

最初にやったのは韓国語の同じ歌を毎日続けて聞くというものだった。面白いことに歌だと半月も聞けば音は入ってくる。ある程度経過してから意味を調べると記憶が定着するのである。「影」「夏」「塩」「赤道」などととりとめのない言葉を覚えたのだが、これはその歌に出てくる歌詞の一部だ。

だが、それだけで韓国語が覚えられたという実感は得られない。さらに半月くらいかけてバラエティ番組を日本語の字幕で見た。食事を作るという番組なので「にんじん」「かぼちゃ(ズッキーニ)」「砂糖」「麦」「米」「スイカ」「きゅうり」などという言葉を覚えた。いったん言葉を覚えると単語帳の言葉も入ってくる。こうやって集中してやらなければならないんだなと思った。

外国語を楽しむためにはある程度のボキャブラリの集積が必要だ。だが、覚えるはじから忘れていってしまう。この忘却曲線は坂道のようなもので、言葉を習得するときにはこの坂をあえて登って行かなければならない。そして、それは年齢とともに徐々にきつくなってしまう。だから興味が続く素材をたくさん集めて時間をかけて聞くことになるのだ。

考えてみるとかなり長い時間を学習に充てている。それがあまり苦痛にならないのばバラエティ番組や歌そのものに興味があるからだろう。新しい言語を習得するためにはある程度の集中した時間が必要であり、なおかつ興味のある対象でないと続かないということだ。そしてそれをたくさん集めなければならないのである。

その意味では学校の英語の勉強は最悪の学習法だといえる。短い時間でだらだらとあまり興味のないことを学ぶので、記憶力に自信があって勉強そのものが好きという一部の変わった人を除いて「できるようになった」という達成感が得られない。学校で英語が得意になったという人はよっぽど変わった人なのではないかと思う。課外で興味のあるトピックを見つけるのが大切なのではないだろうか。そして三ヶ月などの期間を決めて時間を作ることが重要なのだろう。いったん長期記憶側で覚えると忘れにくくなるし、忘れたとしてもちょっとしたきっかけで思い出すことができる。

外国語を覚えるのはかなり面倒な作業なのだが、良いニュースもある。かつて、英語を学ぶときには留学でもして「言葉に浸かれる環境」を作る必要があった。だが、今はYouTubeなどを使えば原語のコンテンツは豊富に用意できるし、自分で集めなくても次から次へと新しいコンテンツがオススメされてくる。

さらにGoogleTranslateも使える。例えば「程度を表す言葉」を覚えたいとすると、これをあらかじめGoogleTranslateに仕込んでおいて毎日聞くことができるのだ。リンクしてあるページで音声ボタン(スピーカーボタン)を押すと読み上げソフトが文章を読んでくれる。もはや辞書が必要ないのである。

大きいという形容詞は「クダ」なのだが、韓国語の形容詞を形容形で使うためには(n)eunで挟む必要がある。形が変わって「クン」になってしまうともう聞き取れなくなってしまうので、一連の形をまとめて記憶する必要がある。これは「国(ナラ)」を付けた活用の形である。

크다.
큰 나라.
국가가 크다.

難しい話」で作るとこうなる。辞書形はオリョプタだが、名刺の前に付くと「オリュン」のように聞こえる。これも日本語を入力すれば正しい形がすぐにでてくる。

어렵다.
어려운 이야기.
이야기가 어렵다.

操作方法はちょっと複雑だが、Macを使うと簡単に単語帳が作れる。スピーチ機能を利用すればよいのだ。

テキストを保存して「スピーチ」で読む必要がある。ただし、デフォルトでは韓国語は読んでくれない。コントロールパネルの「音声入力と読み上げ」で「テキスト読み上げ」タブを押して「カスタマイズ」でおめあての言語のファイルをダウンロードする必要がある。韓国語を読みたい場合にはいちいちこれを切り替える必要があり面倒なので、ブラウザーからGoogleTranslateを呼び出した方が簡単かもしれないとは思うのだが、これはこれで別の面白い使い方がある。英語の方言に対応しているのである。英語でHey Judeの歌詞を調べてきてテキストとして保存する。これを米語、英語、スコットランド英語、豪語、南アフリカ英語、インド英語などで読むことができるのだ。

民主党系保守の政治家はなぜ嘘つきなのか

長島昭久という衆議院議員が、希望の党の党首が「暫定的である」という報道に異議を唱えた。しかし「自分は反対であるとは言わずに、これは誤報だ」とやった。いつもの手口なので「民主党系保守の議員というのはなぜ嘘つきなんだろうか」と思った。翌日になってやはり今回の希望の党の党首は暫定であるということがわかった。やはり当初の直感は正しく長島議員は嘘をついていたのである。

後になって話を聞いてみると、希望の党には互選によって代表を決めるためのルールがなく、これといったまとまりもないようだ。だから、そもそも本格的に選挙をして代表を決めることなどできるわけはなかった。つまり長島さんは状況が読めいないか、人の話を聞いていなかったことになる。それでも長島さんが「暫定代表はフェイクニュースだ」と言いたかった理由もなんとなくわかる。つまり新しい国会で首相指名選挙がありその時に書ける名前がないと「格好がつかない」と思ったのだろう。結局渡辺周議員の名前を書くことにしたらしいのだが「誰だそれは」と言われているようだ。つまり、長島さんの言っていることにも理はある。

それにしてもなぜ「民主党系保守の議員は嘘つき」なのだろうか。思い起こしてみると、前原さんも結果的には大嘘つきだった。枝野さんと前原さんを比べると、枝野さんのほうがリベラルで前原さんのほうが保守であるという印象が強い。結果的に枝野さんは「筋を通した」と言われ、前原さんは民進党を壊滅させた大嘘つきということになった。

いろいろ考えてみたがこれといった説が思い浮かばない。例えばある人は、保守政治家が嘘つきなのはマウンティングが関係しているという。確かにありそうではあるが、嘘とマウンティングは結びつかない。

最終的に考えたのは、保守というものが環境に内在している暗黙的な知識に依存しているという説だ。保守は暗黙知に依存しており形式化されていないから、環境が変わるとそれを再編成できないということになる。だが、この説明では何がなんだかわからないのではないかと思う。ここから先を説明するのが難しい。

そもそも、保守が嘘つきであるという理由がわからないのは、何が保守であるかが確定できないからである。だから、保守の人たちがどんな人であるのかを考えてみる必要があるだろう。

長島さんは幼稚舎から慶應という筋金入りの慶應ボーイで、ジョンホプキンス大学で研究員もしているようだ。まず裕福であり頭も良いのだろう。地方議員をまとめて逆風の希望の党で小選挙区から勝ち上がったところを見ると、人望もあるはずだ。

こういう人の意見がぞんざいに扱われることはないだろう。もともと現状に対して肯定的なのだろうし、また現状も彼に対して肯定的であることが予想される。だから現状に満足しており、政治的態度も現状容認型になるであろう。普段彼らは声をあげる必要は無い。だから「何も言う必要がない」ということになる。

一方「リベラル」と呼ばれている人たちはどんな人なのだろうか。例えば菅直人さんのケースを見てみよう。菅さんは地方のサラリーマン家庭の出であり学生時代に市民運動にのめり込んだ。現状になんらかの不満があったことが伺える。だから世の中を変えようとしたのだろう。しかし共産系の市民運動家が多い現状も気に入らなかったようで「独自の組織」を立ち上げた。そのあとも無所属で立候補している。どうしてこのようになったのかはわからないのだが、いつも現状に不満で、既存の運動ともあまりそりが合わないことがわかる。弁理士という職業を選んだのも、親が「技術系のサラリーマンは不遇だ」と言っていたのを参考にしたという話がある。つまり、恵まれていない親から生まれた現状にあまり肯定的な態度を持てない人だったわけである。

これは本来のリベラルとは全くかけ離れた定義だが、ここでいう「リベラルな人」というのは常に自分にぴったりな環境が見つからないか、あるいは常に他人に不満を持っているということになる。だから常に発言を続けている。さすがに嘘ばかりつくわけにはいかないから、それなりに一貫した軸を見つける。だから、リベラルな人たちが発言するとそれなりに筋が通っているように見える。

では、いつも周りから認められて尊重されている人たちが「これは気に入らない」という環境に置かれたらどうするだろうか。リベラルな人たちは常に気に入らない環境に置かれているのでなんとかしようとするわけだが、保守の人たちはそんな経験をしたことがないから、何をどうしていいかわからない。そこで長島さんのような突拍子もない行動に出てしまうのではないか。

長島さんの場合は自分の考えと違っていたり、自分と理想としている状況と違っていると、SNSで「それは真実ではない」などとつぶやくのがお決まりになっている。満足な時には何も言わないのだから結果的に「いつも嘘をついている」という印象になるのだろう。

つまり、正確に言うと民主党系の保守の議員が嘘つきというわけではなく、現状に肯定的な人が外に向かって発言するのは嘘をつく時だけなのだということになる。

一方違った理由で嘘をつく人たちもいる。前原さんの場合はもともとの家庭が裕福ではなかったが頭が良かったために良い大学に行くことができた。小池百合子さんは発想と発信力は素晴らしいが、実務経験はなく加えて女性である。こういう人たちは現状には満足していないが、自分が持っていないリソースを補うために「保守」を偽装する。最初から嘘をついているのかもしれない。そして、たいていの場合彼らの嘘は他人を傷つける。それは、彼らの嘘の動機が他人の人生やリソースの無償利用にあるからである。

一方で、自民党の議員は自分の思うように政治が進められるので嘘をつく必要がないように思える。だが彼らも民主党の人たちとは違った理由で嘘をつく。

安倍晋三は岸信介の孫であり恵まれた境遇で育った。小泉純一郎の元で政治を学び「後継者」扱いだった人で、いわば王子様みたいなものだ。だから相手を説得して何かを成し遂げる必要はないし、ましてや自分で経済政策を考える必要はなかったはずである。だから、安倍首相は多分アベノミクスがうまくいっているかどうかわからないだろうし、もしかしたらアベノミクスが何なのかということすらよくわかっていないかもしれない。

安倍首相が嘘をつく理由はいくつかある。まずは民主主義を守って国民のために働いているという。さらにアベノミクスはうまくいっていると嘘をつく。さらに、アベノミクスはうまくいっているのだから国民は何もしなくていいし、政治を知る必要もないと言っている。

麻生副総理の言動を見ているとこれが嘘だとわかる。麻生さんが嘘をつく必要がないのは、もはや首相にはなれず統治に責任もないからである。

麻生さんが言っているのは次のようなことだ。

  • 国民はバカで騙されやすいし、統治するためにはヒトラーの手口を学ぶべきである。つまり、国民には主権者としての能力はないので適当に管理すべきだということだ。
  • さらに北朝鮮のおかげで選挙に勝てた。日本海側にいた人たちは特に騙されやすかった。つまり、北朝鮮の脅威から国民を守るなどというのは嘘(あるいは方便)であって、本質は権力闘争だったということである。

早期の解散を言い出したのは麻生さんだという話がある。当然裏では安倍首相もこの意見に賛同しているのだろう。だが、安倍首相はしばらく首相でいたいので本当のことは言わない。ついでに嘘を取り繕うのにも疲れたらしく今年は国会を開かないという。熟議するというのも謙虚になるというのも嘘で、数があれば国会審議を通すことができると知っているのだろう。

ここまでをまとめると次のようになる。保守は現状の受益者なのだが、なんらかが変わったことでその環境を再現できない人たちということになる。民主党系のようにすぐにバレる嘘をつくか、自民党のように現状が破綻していることが露見しないように嘘をつくのが保守なのである。

ここまでだと単なる悪口になってしまう。一方、リベラルも菅直人前首相を見る限りは「なんだかよくわからないけれど現状が嫌い」ということになる。保守とリベラルで共通しているのは、うまくいっている状態が再現できないということである。つまり、どちらも同根で単に迷惑な人たちなのだ。そして、再現できない理由は彼らが依存している環境が暗黙知によって形成されているからなのである。

つまり、うまくいっていた状態が再現できれば建設的な保守やリベラルができる。今回の定義では現状に肯定的だと保守なのだから、建設的な保守というものが論理的にはありうるということになる。と同時に、今回の適宜では現状に不満な人はリベラルなので、建設的なリベラルもありう流ということになる。

では、再現のためには何が必要なのだろうか。ここでは料理のレシピの概念で説明したい。ふわふわなケーキを作るためには二つのやり方がある。一つはすべての手順を覚えることだ。そしてもう一つのやり方はレシピを入手してその通りにやることなのである。この二つは同じに見えるが決定的な違いがある。

レシピというと小麦粉・卵・バター・砂糖の分量を意味するように思えるのだが、実際には室温や混ぜ方なども重要だ。混ぜすぎるとグルテンが発生するし、混ぜないとダマになったりする。そればかりではなく例えば卵を室温に戻すなどの作業も必要だ。つまり、美味しいケーキを作るためには分量や手順などの他に外的環境も考慮する必要があることになる。例えば単に味噌を寝かせても醤油はできない。醤油を作るためには蔵にある菌が必要である。蔵の温度と菌の存在も外的環境である。

だから、夏にうまくいっていたケーキ作りが冬にはうまくゆかないということが起こり得るし、蔵の外で味噌を再現することはできない。外的環境が変わるからである。だから「見よう見まね」では再現が難しいものが多いのだ。

長島さんが嘘をつく必要があるのは、自分の地元の成功体験を新しい環境である希望の党で再現できないからなのだった。また安倍首相の場合も、経済運営がうまく行かないのは、どうしたら経済がよくなるかという根本的な理解がないからである。意図的に嘘をついて相手のリソースを利用しようとした小池さんや前原さんを除けば「仕方がなく嘘をついている」ことになる。

つまり、現在の保守は社会が成功するレシピを欠いた状態にあると考えられる。なぜ欠いてしまうかというと恵まれた受益者であるからだ。恵まれた受益者がレシピを作れないのは、いつも一定の環境でケーキを焼いているか、そもそもコンビニでケーキを買ってくるだけだからなのだと言える。

一方で、ある成功をコピーできた人たちというのは、ある程度成功する社会のレシピを形成しつつあるということになるだろう。今回、民主党政権の熱狂を引き継いだのは無所属と立憲民主党なのだが、無所属の人たちは所与の環境を保全することで勝ち上がった人たちである。つまり、立憲民主党だけがある程度レシピを完成しつつあるということになる。そのレシピを作っていったのはあまり政治的経験が無いSEALDsなどの新しい市民運動らしい。

彼らがレシピを再現できれば同じスキルを使って成功する社会を作れるかもしれないということになる。彼らが現在の体制に肯定的な態度を持てばそれは保守ということになる。外的環境が変わったからこれまでのレシピが無効になったのだと考えれば、それが「改革保守」の意味なのだと言える。

いささか面倒な手続きを踏んだが「無能で嘘つきな保守」について考えることで「改革保守」が何なのかということを説明することができた。が、ここで立憲民主党を過度に持ち上げるのは控えたい。なぜならば選挙の熱狂をコピペしただけという可能性も捨てきれないからだ。つまり、彼らが成功する政党になれるかどうかは彼らが成功体験をある程度形式的に分析できるかにかかっているということになる。SEALDsの学生たちは経済で成功した経験はないはずなので、そもそも経済運営の成功をコピーはできない。つまりは、改革保守なるものが成功するためには、また別の知識が必要なはずなのである。