自民党総裁候補の誰が消費税増税を言い出すか

たまたまテレビをザッピングしていたらNHKで総裁討論会をやっていた。話を聞いていたら河野候補が「基礎年金は保険料ではなく税で賄うように改革をしたい」と言っていて「おやおや」と思った。興味がないので総裁選挙はスルーしていたのだが意外と大切な話をしているらしい。

“自民党総裁候補の誰が消費税増税を言い出すか” の続きを読む

米軍はカブールのドローン攻撃をなぜ謝罪したのか

珍しいニュースがあった。ロイターの英語の記事によるとアメリカ国防総省が8月29日にカブールで行った米軍のドローン攻撃について「悲劇的な間違いだった」と認めたのだ。アメリカが非を認めて謝罪するのは極めて異例だ。10人の民間人が亡くなっていてそのうちの7人は子供だった。国内でかなり批判が高まっているものと思われる。

“米軍はカブールのドローン攻撃をなぜ謝罪したのか” の続きを読む

日本人はなぜTPPを対中国包囲網だと思い込んでいるのか

中国がTPP参加を正式に表明した。日本のメディアは一斉に「アメリカがいないうちに主導権を握ろうとしている」という観測を書いて警戒している。これについて情報交換しているうちに「なぜ日本人はTPPを中国包囲網だと思い込んでいるのか?」という疑問が生まれた。

“日本人はなぜTPPを対中国包囲網だと思い込んでいるのか” の続きを読む

何故、我々は総裁選報道に夢中になるのか

総裁選報道が盛んに行われている。よく考えてみれば自民党の中の権力争いだ。つまり「誰の発言権が強まるのか」と言う話をしているだけである。総裁選を見てもそれが政党全体の政策に影響を与えるかはわからない。例えば河野行革担当大臣が総理大臣になったとしても河野さんの意見がそのまま次の政策になるわけではない。結局河野さんに近いのが誰なのかということがわかるだけである。

しかも今回の総裁選挙は宏池会を除いては派閥隠しが進行している。派閥は有権者への受けが悪いからという理由で地下に潜ってしまった。選対本部長が岸田派を除いて全て無派閥なのだそうだ。

“何故、我々は総裁選報道に夢中になるのか” の続きを読む

問題の社会化 -町田市のモデル校でSNSを使ったいじめによる自殺が確認される

今回は「問題の社会化」というトピックでいじめ問題について考える。町田市のある小学校でSNSを使ったいじめが確認された。いじめられた生徒は別の生徒の名前を名指しした遺書を残して自殺したそうだ。

このニュースはかなり都合の悪いいくつかの事象を含んでいる。この学校は先進的に一人一台のタブレット端末を配布するモデル校だったのだが、学校は端末をきちんと管理できていなかった。

いじめの舞台になったのはGoogleチャットだがNTTがGoogleと組んで町田市の公立小中学校に導入を進めているという記事が2017年に出ていた。つまり、モデル事業が失敗して自殺事件が起きたというケースなのだ。「一部の企業が金儲けのためにタブレットを小学校に売りつけた」のだから即刻中止すべきだと言いたくなる。

“問題の社会化 -町田市のモデル校でSNSを使ったいじめによる自殺が確認される” の続きを読む

八代英輝は謝らなかった

TBSのひるおびを見た。八代英輝もTBSも番組も謝らないことを選択したようだ。Twitterには戸惑いと非難の声があふれていた。その日の番組が異様だったなと思うのはこのくだりではなく河野太郎総裁候補に対する周囲の異常な気の使いようである。恵俊彰の言動から「河野さんに気を使って見出しになる発言をいかに引き出すか」というミッションを課せられていることがわかる。TBSのニュースで準特ダネとして独占的に報道できる上にネットメディアなどで使われると番組の宣伝にもなるからだろう。

だが、番組を見ていてもっと異様なことに気がつき「バカなサヨク」はこれからも騙され続けるんだろうなと嘆息した。どうやったらここから抜け出せるのかと考えたのだがいいアイディアが浮かばない。

“八代英輝は謝らなかった” の続きを読む

アフガニスタン人が陸路で日本に退避できたわけ

保護対象になっているアフガニスタン人の協力者が日本に避難してきた。4名がすでに到着していて、残りの6人も無事に日本に到着したようだ。日本のメディアは難民申請するか第三国に向かうのかということは気にしているが、どうやって逃げてきたのかにはまるで関心がないようだ。

“アフガニスタン人が陸路で日本に退避できたわけ” の続きを読む