集団主義の国の意思決定プロセスと専門家会議の廃止

日本型の意思決定を見ていると、誰が何を決めているのかよくわからないと思うことがある。そういう組織が「状況が刻々と変わる上に専門性が強い」事象に対応するとどうなるのだろうかという疑問がある。新型コロナウイルスへの対応を見ているとその様子がよくわかる。

“集団主義の国の意思決定プロセスと専門家会議の廃止” の続きを読む

日本の敬語体系の背景にある社会的構造と新しい敬語としての「尊大語」

尊大語という敬語体系ができているんだろうなと考えた。考えたのだが誰にも賛成してもらえそうにないので自分のブログにだけ書いておこうと思う。この文章で実際に言いたいのは日本社会のある構造の崩壊である。成果主義・自己責任社会になった日本では部分的に「謙遜ゲーム」が成り立たなくなっている。

“日本の敬語体系の背景にある社会的構造と新しい敬語としての「尊大語」” の続きを読む

テラスハウスの出演者が亡くなったという話

テラスハウス(Netflix)に出演していた木村花というプロレスラーが亡くなった。死因は発表されていないが自殺だと考えられているようだ。ネットには「SNSでの誹謗中傷はやめるべきである」という声が多数寄せられているようだが、おそらくこの種の事件はなくならないだろうと思う。極めて日本的な村の構造に立脚しているからである。

“テラスハウスの出演者が亡くなったという話” の続きを読む

新型コロナを巡る検査議論の混乱 - 日本の縮み志向の原因を探る

今回はまず、緊急事態と権力のロックダウンというところから始めて自己愛的な万能感がシステムを破壊するところをみた。三番目の要素は縮み志向である。この縮み思考を観察するために検査を巡る議論の混乱を観察する。世界では検査数を増やして死亡者数の拡大を防いでいる国があるのだが日本人にはそれができない。できないばかりか「そんなことをやったら医療現場が崩壊する」と泣き叫ぶ人もいる。いったいなぜそうなるのだろうか。

“新型コロナを巡る検査議論の混乱 - 日本の縮み志向の原因を探る” の続きを読む

平時から戦時へというとフリーズする人たち

新型コロナウイルス対策について「平時から戦時へ」と書いたところレスポンスが悪かった。なぜなんだろうかと考えた。おそらく正常性バイアスなんだろうなという結論に達した。正常性バイアスは誰もが持つ傾向であり何も日本人に特有のものではない。

“平時から戦時へというとフリーズする人たち” の続きを読む