日本人の公徳心はどこに行った

前回、新型コロナ対策について書いた。書いていて嫌な気分になった。それは「公共の消失」を前提にした文章を書かなければならないからである。するといかにも徳のない人間のように見えてしまうのだ。日本語には未だに公徳心という言葉があり表向きは生きている。

日本が核家族化するなかで機能不全家庭が増えてきた。だがこの機能不全家庭の問題が語られることはない。機能不全家庭について語ることが「親不孝である」と捉えられてしまうからである。同じように建前としての公徳心は残っているので、公共の消失について語ると「なんだか嫌な人」に見える。




例えば、現在予算はすべて国が握っている。安倍総理はこの予算をすべて自分のために使いたい。10万円を支給しますといえば「さすが安倍総理・さすが自民党」ということになる。こうして有権者の心をお金でつかむことができる。これは合法的だが、私物化であり公徳心の消失である。安倍政権は国家予算私物化政権だからこうしたことが起こるのだが「政治家は公徳心を持って行動すべきだ」などと言っても何も変わらない。

自民党の政治家たちは「自分たちこそが公徳心を持っているのだから党の指導で国民を善導してやらなければならない」という妄想まで抱えている。公徳心がない人ほどこういうことが気軽に言えるのだから彼らが自己反省することはないだろう。

考えるまでもなくこれは日本社会が公徳心をなくした結果である。安倍政権は原因であり結果なのだ。

ではこれがどんな悪影響があるのか?と考えても即座には影響は思い浮かばない。そこで現実を観察することになる。

実際にはこんなことが起きている。安倍総理が10万円支給を決めた。有権者は次を期待することになる。自民党はすべてを自分を賞賛してもらうために予算の全てを使いたくなるのでその他の支出(例えば医療費への補助や検査の充実)などが結果的に抑制される。これらは目に見えない支出であり手柄化できないからだ。

さらに、地方自治体の首長たちは「国が緊急事態宣言を出してくれないから何もできない」と言い出す。また検査体制を効率化し「請求書はすべて国に」となる。「手柄」を求めて争いが起こるのだ。安倍総理が手柄を私物化しようとしたのだから俺も私もということになるのだ。

このように公徳心のなさは拡大し負のスパイラルを生み出す。おそらく厚生労働省が指導しているやり方ではダメなので「ハッキング」が起こるだろう。

こうしたことはすでに税金の収奪という形で顕在化している。ふるさと納税で泉佐野市がやったようなことが横行するのだ。下手したら裁判ということになるかもしれない。泉佐野市は裁判をやって勝った。ルールは破ってはいけない。決められたルールの隙をついてできるだけ自分たちの有利なように話を進めるのが才覚だということになった。

安倍総理が公徳心を失ない国家予算の私物化をしても誰も怒らない。それどころかその状況に適応し「どうすれば得だけを取って不利益を相手に押し付けられるのか」という競争を始める。つまり、公共心の喪失は自己増殖する。

と考えてゆくと少なくとも三つの経路で「公共心の消失が起こっていること」が見えてくる。今見たものを「損の外部化」と定義したい。

  • 利益の私物化と損の外部化
  • 資源の囲い込み
  • 子供部屋化

資源の囲い込み

日本でバブルが弾けると金融機関の貸し渋りが起こった。国も十分な対策を取らなかった。このため大企業は銀行が信じられなくなりいわゆる「内部留保」を抱え込むことになった。お金だけが信頼できることになったからだ。

この結果起きたのが失われた10年・20年である。賃金が抑えられ投資も抑制された。また金融機関も自己資金にこだわるようになった。今では当座預金に資金がうなるほど蓄えられており、マネーストックとマネタリーベースが著しく乖離していると言われている。政府の景気刺激策に効果がでないのは政策の問題ではない。企業が社会を信頼していないからである。と同時に市中では「お金がない」人で溢れている。ダムには水があるのに誰もそれを使おうとはしないという不合理な状態である。

おそらく今回中小企業も「いざとなったら政府も社会も助けてくれないんだな」ということを痛感することになるだろう。こうして資源は囲い込まれる。ますます社会のために使われなくなり、さらに不安を覚えた人は使わなくなる。これも自己増殖的な負のスパイラル効果を生んでいる。

子供部屋化

得は自分のところに集めたいし損は人に押し付けたいという雰囲気が蔓延するようになると人々はそもそも社会を厄介なものだと考えるようになった。

例えばPTAの役員は誰も引き受けたくない。仕事ばかりが回ってきて損だからである。なぜか社会のお世話がかりの人には何をぶつけてもいいということになっていてさらに気疲れする。誰も公共のことは考えない。そればかりかお世話係りの公徳心を吸い取りに来るのである。日本は公徳心略奪社会だ。

代わりにプライベート空間は充実させたい。YouTubeのようなプライベートメディアを見ていると趣味や暮らしを充実させたいというコンテンツが溢れている。一方で政治ネタもあるのだがそれは中国や韓国叩きのように誰かを攻撃するコンテンツにしかならない。誰も社会については考えない。考えるだけ無駄だし行動するのはもっと無駄だからである。

これはおそらくバブル崩壊前からあった「ポリティカルアパシー」がバブル崩壊によって強化された形である。実際にYouTubeから政治情報を排除すると居心地が良くなる。そこには自分の裁量だけで決められるものばかりが残るからである。社会を排除することでやっと日本人は自分の人生の主人になれる。

日本では社会崩壊は怒らない

このように日本の公徳心は完全に破綻した状態にある。社会のことを考えると損をするというのが日本の今のあり方であり、安倍政権はその結果に過ぎない。だが結果である安倍政権が公徳心破壊の原因になりどんどん公共崩壊が加速する。加速はするのだが日本社会そのものは砂上化するだけで崩壊まではしない。

これを打破するためには異議申し立てをすることが重要なのだが、日本のデモは疲れるだけであり何も解決しない。残念ながらデモも特定の政治勢力が勢力を伸ばすために利用されるだけだ。日本人は「子供部屋化」で内向きに引きこもることで社会安定を図るのである。そして幸いなことに日本人はまだ子供部屋化できる経済的余裕がある。

だがおそらく誰も社会を信頼しないということは協力も創発もないということだから成長は毀損される。こうして日本はなくなりはしないが黄昏て行くのだろうと思われる。公共への信頼感は社会を成長させる。我々はそれを奪う道を選んだのである。

Google Recommendation Advertisement



“日本人の公徳心はどこに行った” への1件の返信

コメントは受け付けていません。