「国民の敵」森喜朗ができるまで

Twitterで森喜朗バッシングが起こっている。森喜朗組織委員会会長は辞任すべきだというのだ。国民の敵が出来上がるまでの過程がわかって興味深い。




もともと東京オリンピックには相入れない二つの評価があった。「高度経済成長期の夢が再びみたい」人たちがいる一方で、東京オリンピックは中止すべきだという人たちもいた。反対派の理由はおそらくこのオリンピックが自分たちのためのものではないということを知っているからだろう。オーナーシップ(所有感覚)の有無の違いである。

「オリンピックは誰かのもの」と考える人たちにとって一連のニュースは耐え難いものだった。

まず、このオリンピックには買収の噂があった。噂の域を出ず結局竹田JOC会長の辞任で幕引きとなる。納得が行く説明はなかった。コンサルティング会社ブラックタイディングス社を紹介したのは電通だとされている。「コンサルティング会社として実績のある会社」とされたが実質はペーパーカンパニーだった。そしてコンサルティグの内容はおそらく理事の買収だった。

さらにボランティアは無償なのだがボランティアを組織するパソナの間の関係性も取りざたされた。これも明確な説明はなかった。

国立競技場の発注に関しても様々なドタバタがあった。ハディド氏のコンペ案は夢のあるものではあったが実現は難しいとされた。結局日本人が引き継ぎ「日本の建設会社が作れる程度」の建物になった。こちらも国債入札が義務化されている環境であっても公共工事は日本企業が受注したいという内輪の事情で決まったものではないかと考えられた。

「みんなの夢をお友達が食い物にしているのではないか?」という疑惑にまみれてはいるものの、どれもなんとなく核心に迫ることはできなかった。

おそらく最後の駄目押しは新型コロナだったのだろう。緊急事態宣言とオリンピックを天秤にかけた安倍政権の初動は遅れた。安倍晋三総理大臣と森喜朗元首相は同じ清和会である。「政府は日本人の命よりもオリンピックの方が大事だと思っているのではないか?」という漠然とした疑問が生まれた。だがよくわからない。

さらに菅総理大臣が「コロナに勝った証としてオリンピックをやる」と宣言したことも反発された。これまでの安倍・菅政権は疑惑に満ちた政権だったが国民は関係がないとスルーしてきた。自分の命とオリンピックが天秤に乗った時に「いやまてよ」と思うようになる。思うようにはなったが、核心をつく情報はない。疑惑は疑惑のままなのだが、この間の関係者の態度は一貫している。

どこまでも黒に近い灰色だが、灰色は灰色であって黒ではない。

改めてみてみるとこれほど国民を軽視したイベントも珍しい。ネポティズム(縁故主義)と言われればそれまでなのだが、おそらく国民全体に利益を還元することができなくなっているのだろう。衰退国家の日本が高度経済成長機の夢を追いかけても無残なものにしかならない。2020年大会は前回の劣化コピーにしかなり得ない。

そこにたまたま通りがかったのが森喜朗会長だった。だが彼がこの役回りを演じるのは実は二度目である。一度目は総理大臣になった時だった。

中曽根康弘元総理にはロッキード事件で疑惑があったのだが結局側近だった佐藤孝行さんだけが有罪判決を受けていた。国民の間には政治家と官僚だけが儲けているという不満があった。橋本内閣は有罪が確定していた佐藤孝行氏を総務庁長官に起用したことで支持率が急落する。中曽根さんは「このまま無冠で終わらせるのは忍びない」と思っていたのかもしれない。

細川・羽田内閣が非自民勢力をまとめきれず自民党は社会党などと合同して政権に復帰する。だが、橋本内閣は「結局反省していないではないか」と見なされて選挙で大敗した。それを引き継いだのが小渕政権だった。だが小渕総理は急死してしまう。脳梗塞だった。

98年7月、橋本政権の参院選敗北を受けて登板した小渕恵三首相は、政権安定に向けて自由党や公明党との連立政権を樹立。2000年4月、小沢一郎・自由党党首との会談で同党の連立離脱が決まった翌日未明に脳梗塞で病院に緊急搬送された。首相臨時代理となった青木幹雄官房長官の下で内閣総辞職が決定。後継首相は青木氏や森喜朗自民党幹事長ら政権幹部が話し合いで森氏に決めたため、「密室談合」と指弾された。

病気で首相退陣、過去に5人 大平氏は選挙中に死去

金権政治を反省しておらず「またお友達の論理で総理を決めるのか」という反発があり森内閣の支持率は上がらなかった。国民の間には漠然とした不満はあった。だが政権を非自民党に変えてみても状況は好転しない。だからもう「誰でもいいか」となった。森内閣の当初の最大の支持理由は「他に誰もいないから」だったそうだ。

ところが「(無党派層は)寝てしまってくれればいい」などと言い放つ。森総理は自民党内部の本音を考えなしに発してしまうという意味で最悪の総理大臣だった。支持率はどんどん下がり始める。これまでの鬱積した不満が噴出し不人気のままで政権を手放すことになった。

今回も事情は似ている。内部では「オリンピックをやりたいのは結局自分たちの既得権を守るため」という話をしているのだろう。それを拡声器のように外に話してしまうのが森さんという人なのである。

その意味での森さんはある意味神がかった人である。だがその背景にあるのは実はオリンピックに群がる人たちの本音だろう。だから森会長を引き摺り下ろそうという人は出てこない。

ちなみにこの後を継いだのが小泉総理だ。誤魔化し方が上手な総理大臣で「自民党をぶっ潰すから自分を信頼してくれ」などと言いなんとなく自民党を延命させることに成功する。論理に弱くその場の雰囲気に流される日本人をまるめこむのも実はそう難しいことではない。

オリンピックを開催したいならこれに倣うべきなのかもしれない。オリンピックをぶっ潰すとしたうえで開催すればなんとなく誤魔化せば国民は納得するだろう。当時の小泉純一郎総理と同じポジションにいるのがなかなか主流派になれなかった小池百合子東京都知事である。

Google Recommendation Advertisement