再び梯子を外す?小池百合子東京都知事

選挙をめぐる状況が不透明になってきた。本来ならばやっていることが無茶苦茶な菅政権が放逐される選挙になるべきなのだが却って自民党が勝ちそうな状況が見えてきている。中でも興味深いのが東京都の状況である。小池百合子東京都知事が「都民ファーストの会を見限り」自民党に接近しているという。背景には都民ファーストの会への支持が伸び悩んでいるという事情があるようだ。




小池百合子東京都知事がなぜ都民ファーストの会を見限ろうとしているのかという点について統一した見解はない。二階幹事長と近づいていて自民党との連携を模索しているという人がいる。また朝日新聞は東京オリンピックを推進したい小池都知事と中止・延期を公約にしたい都民ファーストの会がもめているのではないかというようなことを書いていた。いずれにせよ自民党を刺激したくない小池百合子東京都知事は都民ファーストとの接触を避けている。

小池都知事が都民ファーストの会を見限りますと宣言したわけではない。どちらかというと希望の党事件の時のように最初の風だけを利用し飽きたら捨てるというような感じであり「ああ小池さんならやりかねないなあ」と思うというだけの話だ。

おそらく東京都民の多くは「なんとなく不安だからオリンピックに賛成かと聞かれると自信を持って賛成だと答えられない」程度の反対の仕方をしているだけだろう。ただ、この調子だと自民党が信任されると「東京都民はオリンピックに最終的にGoを出した」ということになってしまう。自民党にせよ小池都知事にせよ最初から都民の意向などどうでもいいのだろうが「説明」としてはご信任をいただいたというような言い方をするのではないかと思う。

ではなぜこんなことになっているのか。背景にあるのは危機の最中におこる現状維持バイアスである。しがみつきといっても良い。細かく中を見てゆこう。

静岡県では川勝知事が4選を果たしたそうだ。共同通信は千葉県知事・千葉市長選挙を引き合いに出し「自民党が地方選挙で連敗している」と言っている。だが千葉県知事・市長選挙では自民党が負けたわけではない、

確かに千葉県知事・千葉市長選挙では熊谷県知事と熊谷県知事の後継の神谷市長が勝っている。だが自民党議員の中には熊谷県知事・神谷市長を応援した人も多かった。このため千葉市ではこの件をきっかけに自民党市議団が二つに割れてしまっている。高齢の市議たちは神谷市長を応援し若い改革志向の自民党市議たちは応援しなかった。

高齢者を中心に「現状維持」を選んだことになる。おそらく川勝知事も立憲民主党・国民民主党が応援したからという理由で当選したのではないのではなく「現職だから」選択されたのである。

そう考えると小池東京都知事の選択がある程度合理的だということがわかる。ある程度気持ちに余力があるときは改革が志向される。ところがコロナ禍のような危機になると安定が志向されることになる。国との関係が強い自民党が選ばれるのはそうした理由である。ところがこの危機を作っているのは自民党だからしがみつけばしがみつくほど有権者は危機にさらされる。

もがけばもがくほど溺れてしまうのと同じ状態だ。これがしがみつき効果である。

この一連の感覚が正しいとすると秋の総選挙までに菅総理が決定的な失敗をしなければあるいは自民党が大勝するというようなことが起こるのかもしれないと思った。決定的な失敗とはおそらく新型コロナが制御不能になり東京都の医療が完全に崩壊するというような程度の大失敗である。

最近の危機だった東日本大震災の時の選挙を見てみた。4月に統一地方選をやっていて民主党が全敗している。一旦引退を決めた石原都知事が4選を果たしたのもこの時だったが結局は途中で都知事職を投げ出してしまっている。この時も、危機であり改革の季節ではないとして自民党が選考されたことになる。ちなみに石原都知事が出馬表明したのは3月11日の午後だったそうだ。日テレが出馬表明を伝えているのが14時35分で14時46分に最初の地震が起こった。

この時「根無し」民主党は有力候補を立てられずに不戦敗だったというところが多かったようだ。だが福島第一原発の事故を目の当たりにした人たちは自民党を志向しつつも「原発に反対」というねじれも起きている。

おそらく有権者は現状と改革をなんとなく区別しながら使い分けているのだろう。だがそれは合理的な選択ではない。だから危機の時にその危機を作った人たちを信任するということが起きてしまう。小池百合子都知事はおそらくこうした風を読みその場その場で「改革派の百合子さん」と「現状の守護者」の帽子を使い分けているのだろう。

この調子だとおそらくこのオリンピックはものすごく盛り上がるだろう。コロナの不安を束の間忘れることができるからである。人口の17%が少なくとも一回目のワクチンを接種したそうだ。この人たちは「もう大丈夫」だと思いたいはずである。