若者の病気になりつつある新型コロナウィルス感染症

千葉県の新規感染者数が500人を超えた。千葉市でも1日の感染者が100名を超えたそうだ。息を飲んだのだがこれがどれくらい「やばい」ことなのかがわからなかった。そこで千葉県と千葉市のウェブサイトを見に行ったのだが一体どこに何の数字があるのかがさっぱりわからなかった。東京都はかなり整理されている印象があり格差が目立つ。

よく「感染者数だけで大騒ぎするな」という話を聞く。だがどう解釈すべきかという指針を示してくれる人がいないので結局グラフの上がり下がりで一喜一憂するしかない。とにかく読み込める情報が少ないという印象がある。




この記事の最初の稿は火曜日の朝に書いた。その後東京都の感染者数が過去最高になり千葉県知事は緊急事態宣言発出を国に要請するということになた。つまり騒ぎは拡大している。

一方、菅総理は重症化を7割抑える薬ができたという。東京都の幹部もワクチン接種が進んでいるから騒ぎ立てるなと言っている。前者を信じれば人流を抑制して経済を止めなければならないということになるが後者を信じれば飲食店にこれ以上の犠牲を強いても意味がないことになる。

いったいどっちなんだという気になる。

国のリーダーシップが期待できないので一体どうなっているのかがわからない。そこで自分で情報を集めてみることにした。だが情報は所詮情報でこれを元にどう動くのかがわからなければ全く意味がないんだろうなということに気がついた。おそらく国や地方自治体も同じようなレベルにあるのだろう。レポートはガンガン上がってくるがこれをどう読んでいいのかがわからないのだ。

2021/7/26

千葉市が7月25日と7月26日に発表した統計を抜き出して見て驚いた。圧倒的に若い人たちの病気になっているのである。学校や幼稚園などでクラスターが発生しているようだ。若葉区の幼稚園で67人のクラスターがあり、市内の高校で23人のクラスターもできている。飲食店のクラスターもあるが実は学校や幼稚園にも広がっている。おそらく飲食だけを抑制しても感染拡大を防げないような状態になっているものと思われる。

もちろん現役世代にも感染は広がている。10代から30代でちょうど半数といったところである。50代もかなりの割合を占めているのだがワクチン接種を済ませた年代はほとんど感染していないことがわかる。

最初のグラフは2021/7/26のデータから作ったものだが黄色の20歳代が最も多い。同じように2021/7/25のグラフも作って見た。こちらも傾向は同じようなものだ。

2021/7/25

つまり感染が拡大しようが「高齢者やワクチンで守られている人には関係のない病気」なっているのかもしれない。個人的にはワクチン接種を済ませたので「もう他人事なのかな」と思った。

週報を見る限り病床はあまり圧迫されていないようだ。だったら好きに感染してもらえばいいじゃないかという気もする。この時にはまだ菅総理の会見は聞いていなかったので7割も重症化が防げる魔法のような新薬があるなら早く経済を再開すべきだろう。

だが素人がいくら考えてみたところで数字だけ見ても何も見えてこない。数字を見て意志決定して軌道修正してということを繰り返してゆくしかないのだ。国のトップにリーダーシップがないのだから地方自治体のデータレベルにリーダーシップを求めるのは無理筋だろう。

千葉市のデータは広報という観点では組み立てられていない。実際に担当部署に電話で確認してみたが彼らは自分たちのオシゴトは週報を作ってまとめることだけだと信じているようである。市役所は木曜日に定例会をやって週報をアップしているそうである。このPDFになった週報を公民館や図書館などの施設で印刷して掲示するのが彼らのオシゴトである。LINEでもPDFのリンクを飛ばしているようだ。つまり、後は勝手に解釈してそれぞれ好きに行動してくれと言っているのだ。

メディアのカバレッジもなく情報も更新されないため千葉市民に危機感はない。オリンピックムードやわざわざオリンピックのために設定された連休の効果もあって市内のプールや球場にはマスクをしない若者が大勢来ていた。だから「過去最高」とか「緊急事態宣言発出へ」となった時点で大騒ぎになるのである。そして騒ぐのは高齢者だ。

もちろんリーダーシップを持っている人もいる。今回も千葉県知事の独創状態になっている。緊急事態宣言に向けて要望を出しているとTwitterとFacebookで伝えてそれをマスコミが後追いしていた。「判断してくれ」といっているが判断とはつまり緊急事態宣言を出してくれということである。県の広報もまた全く機能していない。朝日新聞は千葉県知事「緊急事態宣言の要請へ協議」 FBで明かすと報道している。県の記者クラブは一体何をやっているのだろう。

結局「過去最高」とか「緊急事態宣言発出要請へ」という情報が出て、テレビも金メダルラッシュの他にコロナの話題を扱わざるを得なくなったようだ。だが与党は依然としてリーダーシップを取るつもりはないらしく「金メダルラッシュで祝賀ムードが広がれば冷え込む前に選挙をやってくれないかなあ」などと考えているようである。

Google Recommendation Advertisement