新型コロナウイルス・デルタ株対策には正解がある

菅総理がまた思いつき提案をした。カクテル療法に続いて今度は「酸素ステーション」だそうだ。これだけを聞くと「ああまたか」と言う気がする。一体何がいけないのかを考えると意外なところに行き着く。成果主義の弊害である。




菅総理は酸素ステーションというものがどういうものかを見せて「これをどれくらいの規模ででいつまでに設置します」といえばよかった。そうすれば「え、酸素ステーションって何?」とか「また思いつきなのか?」という批判をかわすことができていただろう。

もはやそれが思いつかないことから「安倍・菅官邸主導体制が崩壊したなあ」という印象が確かなものだとわかる。官僚が民主党への協力をやめて民主党が孤立していった悪夢の民主党政権と同じ現象だ。これまでは安倍政権についてゆかないと出世できないと考えていた官僚たちが「もうこの政権は終わりなんだろうなあ」と感じて梯子を外し始めたのだろう。

官僚が政権を見放すと一気に「全体の絵が作れない」という状態に陥る。するとそれをみた日本人は正解がわからないシンドロームに陥る。

マスク

新型コロナについて書くと典型的な批判が二つある。新型コロナなど単なるインフルエンザみたいなものでマスコミは騒ぎすぎだと言うのが一つである。もう一つは重症者は少ないのだから感染者数だけで騒ぐのはよくないというものだ。

日本人は正解を丸暗記して褒めてもらうという学習文化だ。だから正解のない問題は「騒ぎすぎだから無視してしまえ」ということになる。皆正解がないことに戸惑っている。正解がないというより「とりあえず何に取り組めばいいか」がわからないのが不安なのだろう。

菅総理が言っている酸素ステーション案自体は実は悪いことではない。新型コロナの軽症患者を隔離したうえで酸素吸入なりカクテル療法をすればいい。カクテル療法に使える薬剤の供給は限られていて自宅療法に広げることはできないのだからある程度まとまった施設に人を集める必要がある。

そうなると現実的な解が見えてくる。行政が軽症患者を把握する。医師会や保健所が自宅でモニターできる体制を作って問題が起こりそうなら早急に拠点に移動させる。誰が重症化しそうかがわかればいいので統計を取りつつ酸素吸入などの拠点も作ればいいことになる。そうすれば医療機関に搬送する患者の数も減らすことができる。また保健所も医療機関の手配などに時間を取られることは少なくなるだろう。

こんなことを書くと「そんな面倒臭いことを今更始められない」という反応が出てくるが実はこういう体制を作っているところもある。墨田区長が8月6日にこんな説明をしている。つまりできているところがあるのだ。

  • 墨田区では、先月末から区内の病院で「抗体カクテル療法」を開始しました。
  • 国内初の軽症者向け治療薬として先月承認された「抗体カクテル療法」ですが、2種類の抗体が作用して、重症化や死亡のリスクを70%抑える効果があります。国内では供給量が限られるため、登録を受けた医療機関のみで使用されています。対象者は、基礎疾患がある症状の軽い入院患者で、区民のために20床確保している「優先病床」で、治療を行います。本日、8月6日までに、11人に対して「抗体カクテル療法」を行い、いずれも経過は良好です。この治療が適応となる入院患者の方には、区から直接案内をしており、一般の方からのお問い合わせには対応できませんので、ご了承ください。

墨田区長は何か魔法でも使ったのだろうか。魔法のヒントは2021年1月の日経新聞にあった。葛飾区はモニター体制をの整備を進めていた。記事や区長の説明には名前が出てこないのだが墨田区保健所長の働きがあるようだ。西塚至さんというそうだが、週刊ダイヤモンドで取り組みについての特集が組まれていた。

もちろん、この人が全てを解決しているとは思わないし、墨田区のソリューションが全てを解決するとも思わない。墨田区には東京都の拠点病院がある。つまり地の利もあるようだ。

だが、あらかじめ準備をすれば菅総理らに提案されていた体制を構築することは可能なのだということがわかる。たんに「自分がやります」という人が菅総理や小池東京都知事の周りにいないだけの話なのである。元々はいたのだろうが安倍政権時代に排除されてしまったのかもしれない。赤木俊夫さんのような真面目な役人は安倍政権では生きて行けなかった。

総理に取り入って成果を上げた人は褒めてもらえるがそうでない人は徹底的に遠ざけられるという成果主義的なやり方を長年繰り返していたせいで実際に知恵を出しつつ動く人はいなくなってしまった。

トップは成果泥棒でそれに群がるのは中抜き泥棒というのは東京オリンピックで散々みてきた政治的構造である。東京オリンピックは開幕式が失敗しただけで済んだがこちらの問題は大勢の命に関わる。

墨田区は「問題に対処するためにはどう動くべきなのか」ということを考えている。こうして落ち着いて問題に対処すれば優秀でリソースが豊富な日本人には問題解決ができる。

普段からリーダーシップが取れる人材を各地に配置しておくことが統治の基本であり、安倍政権・菅政権はその基本を忘れたが故に多くの人の命を危険にさらしていることになる。人は石垣・人は城とはよく言ったものである。武田信玄のセリフだそうだ。

Google Recommendation Advertisement