イタリアの混迷 – 「普通」の消えた国

いつものような暗いトーンで「普通からの離脱を恐れる日本人」などと書いているので、日本も普通から脱却して自らが考えるようになればより良い政治が作れるのかもと思う人も多いかもしれない。だが「ちょっと待てよ」と考えさせられるニュースがあった。それはイタリア政界の大混乱である。普通がないということが混乱を招いている。ポイントはなぜ普通がなくなったかという点にあると思われるのだが、そもそも報道が少なくニュースの意味自体がよくわからない。

日本ではイタリアの政治が混迷しており次の内閣が決められない。その結果として株価が下がったというニュースとして伝えられた。ではなぜ内閣が決まらないかというと経済担当大臣を巡って議論があったからである。この記事を書いている間に妥協が成立し、どうやら学者を経済担当大臣に据えて内閣を成立させるつもりのようだ。

もともとイタリアは中央集権的な意識が強くキリスト教の価値観が支配的な社会だった。いわゆる先進国なのだが、先進地域は北部・中部だけで南部の経済的実力はギリシャやポルトガル並だという。イタリアはドイツやフランスのような先進地域とポルトガルやギリシャのような後進地域を併せ持つ中央集権の国なのである。

イタリアも日本と同じように政界汚職が蔓延し既存政党は支持を失った。比較的豊かな北部は中南部の面倒はみていられないと独立か地方分権を模索するようになる。こちらは北部同盟という政党を作りのちに同盟と名前を変えた。大阪維新の会が維新と名乗るようなものだ。一方中南部では中流・下流の人たちが庶民感覚の政治を追求しようと訴える。こちらは五つ星運動という運動体を作った。

庶民にもわかりやすい主張をマスコミは「ポピュリズム(大衆迎合)」というラベルにしているが、こうした政策を打ち出すのは五つ星だけではなかった。Newsweekのこの記事によるとすべての政党がポピュリストになっているのだが、日本のスタンダードに当てはめると自民党の政策はポピュリズムということになってしまう。

もともとイタリアは個人の意見を尊重しまとまりに欠ける社会である。地域格差が激しい上に自分の好きなように投票するので日本のように「普通の人たちがなんとなくまとまる」政党が作られない。そこで比例代表の第1党にボーナスを与えて無理やりに与党を作っていた。ところが五つ星運動が台頭し第1党になることが予測されるようになり、慌ててこの制度を廃止してしまった。その上で政治状況を安定させようとした首相は、首相の権限を強化する憲法改正などを主張して解散総選挙を行った。すると「事実上ユーロからの離脱について占う選挙」になり五つ星運動が躍進し、なおかつ過半数が取れないという膠着した状態に陥ってしまったというわけである。

面白いのはイタリアの首相指名プロセスである。イタリアの大統領は儀礼的な存在だが首相を指名できる。五つ星運動が躍進しEU離脱派が台頭するのを恐れた大統領は民間から首相候補(ジュセッペ・コンテ)を指名した。首相が大統領に代わって議会と調整しながら内閣を組閣するのである。同盟と五つ星運動を抑えれば過半数が形成できる。ところが、彼らはEU懐疑派(ユーロから離脱しようとしている)経済担当の大臣(パオロ・サボーナ)を推薦したために大統領から人事を拒否されてしまう。そこでユーロから離脱できないならもう一度選挙をすべきだという人たちと、とりあえず大統領が飲める人事にしようという人たちがもめ始める。この記事によると「同盟」は選挙をやりたがっていることになっているが、その別の記事では「やはり経済担当相を差し替えよう」という合意が広がっているようである。情報戦と情報を見ながら有利な主張をしようという日和見的な動きが広がっているのではないかと思われる。

記事によると、同盟と五つ星運動がともに連立するのは、EUの財政規律が厳しすぎて彼らが求めている政策を実現できないからだそうだ。同盟はそもそも自分たちの税金の使い道は自分たちで決めたいのだし、五つ星運動はバラマキを求めている。だが、EUの財政規律から自由になると、今度は自分たちの地域で使うのか、国を通じてばら撒くのかという二者択一を迫られるわけで、連立は崩壊することになるだろうが、とりあえず「EUを黙らせたい」という思惑で一致しているのである。

同盟は北部の独立ないし地方分権を求めているので全国に支持が広がりにくい。そこで他政党と連立が組みたいのだがなかなか上手く行かない。書記長(サルビーニ書記長)はその苛立ちをこのように表現した。

ピサでの集会で、五つ星のディマイオ党首からの提案について「われわれは売り物ではない。それに、これは尊厳の問題だ」と述べた。「中道右派陣営で政権を作ろうとし、次に五つ星と連立しようとしたがいずれも拒否された」と続けた。

だがバカンスシーズンの7月には選挙はしたくないし、どこと組めばいいのかもよくわからないといささか投げやりな姿勢である。

この記事によると民主党は「連立が成立していたらユーロ圏ではなくなるところだった」という観測を流し、同盟と五つ星運動側はそれは「事実無根だ」と言っている。もはや泥沼と言って良い。また、議会で決着がつかないとデモに頼るのは日本と同じである。またコンテ氏とは別の首相候補が提案されており「暫定選挙を行うべきだ」となっていて、来年初旬(2019年)までに選挙をやるように指示があったと言っている。結局、最初の首相候補が経済担当大臣の人事で妥協したので、いろいろな動きや情報戦があったのだろう。

イタリアの政治に関する記事を読むと「右・左」にわかれているとするものが多い。同盟は右側の政党とされ、五つ星運動は左翼(リベラル)と認識されているようだ。しかし、右派の中にはEU残留派と離脱派が混在しており、左派も選挙の前に主導権争いをしたという経緯があるようだ。総理大臣が憲法改正を提案したこともあり与党が分裂する騒ぎになった。

しかしながらハフポストのこの記事を読むと五つ星運動を右か左かで括ることはできないようである。特徴はかつて「日本を元気にする会」が提案していたようなネット政治だ。最近では立憲民主党が党員の代わりにネット経由でサポーターを集めようとしているように、日本でも広がる可能性がある。いっけん合理的で現代的なようにも見えるのだが、ブログで支持者を煽りあまり考えさせない上で投票を行えば、その場限りのスーパーポピュリズム政治が実現する可能性もある。自分が投票した結果が国会で提案されれば誰でも嬉しいだろうが、日本のTwitter政治をみると政治家の発言をそのままコピペした上で「自分の意見だ」と思い込んでいる人はたくさんいるので、同じようなことが起こる可能性は高そうだ。

日本では中国の台頭を背景に「多少の不具合はあってもまとまっていないと大変なことになる」というような気分が蔓延しており、これが普通の求心力になっている。少々の嘘や停滞を受け入れてでも国をまとめておくべきだという人と、いったん政権交代をしてもうまく行かなかったのだという諦めが交錯する。日本は普通が停滞を招いている国だ。

もともとイタリアがまとまったのはフランスやドイツが次々と民族国家として大きなまとまりになったからだった。こうした競合がEUを通じて統合されてしまったために、結果としてライバルになる大きなまとまりがなくなった。イタリアがEUから離脱するのか、離脱をほのめかしつつ有利なディールを模索しているのかは誰にもわからない。国政が慢性的な混乱状態にあるので、EU官僚を翻弄するのは簡単かもしれない。

グローバリゼーションの反発として極端なローカリズムが蔓延するだろうという予測が古くからありイタリアの状況はまさにその予測が的中した形である。イタリアは国としての「普通」がなくなった結果、状況が混乱していると言える。その意味では日本は中国の躍進とかつてあった中流意識の幻想がかろうじて国を繋ぎ止めているという状態なのかもしれない。つまり、これが破綻してしまった時、かなり取り返しのつかない状態に陥る可能性があるのである。

内田イズムが復帰する時

また日大のアメフトの問題である。「もういいよ、加計学園問題について追求しろよ」と思う人もいるかもしれない。だが、ちょっと嫌な話を思いついたので書かずにいられない気分になった。

内田監督は断罪されて少なくとも関東のアメフト界からは追放された。しかし経営者として学校には残るようである。今、テレビ朝日のワイドショーを見ながらこれを書いているのだが、テレビ朝日はややリベラル寄りの姿勢なので「理不尽な監督の支配から脱却して民主的で合理的なスポーツに戻るべきである」という論調で話を進めていた。これは「普通の」感覚であろう。

確かにそうなのかもしれないのだが、もしこれで日大が勝てなくなったらどうするのだろうかと思った。この件で普通の私たちは大いに清々しい思いをしたのだが、勝てなくなった時に「ほら、昔のスパルタのほうがよかったでしょ」などと内部の人が言い出す可能性があるのではないかと思ったのである。

同じ感覚を共有しているコメンテータはアメリカ流のコーチングを採用すべきだと言っていたが、司会者らにスルーされていた。現在の経営陣がこれを許容する見込みはそれほど大きくなさそうである。

もしそうなった時チームはどうなるのだろうかと思った。内田監督はいなくなったが経営陣には残るので同じように成果を求めるだろう。そして内田さんは「正解」を知っていると思っている。それは選手を恫喝して追い込むという方法である。もし、新しいやり方で成果が出なかった時、現場のプレイヤーはそれでも新しいコーチングを続けることができるのかと考えると、かなり気持ちが揺れるのではないかと思う。新しいコーチングが正解かどうかはわからないのだが、少なくともシゴキでは一度結果が出ているからである。もし、そこで古いマインドセットが復活すれば、中から自浄作用を働かせるのは以前より難しくなるに違いない。

すでに日本のアメフトはアメリカのレベルから遅れていることはわかっている。アメリカでスポーツを学んだ人たちは異口同音に「日本のやり方は不合理だ」と指摘する。アメフトにもそのような声がある。さらに新しくわかってきたところによると「日大のOBでも日大には子供を入れたくない」という人が現れているようである。こうして、新しく変わることに失敗した組織はそのまま衰退してしまうのである。

なぜこのような話を思いついたかというと、もちろんこの話を政治と重ね合わせているからだ。2009年までの数年間、政治には「有権者の手で政治が変えられる」という期待があった。しかしながらそれが失敗に終わってしまった(あるいは失敗に終わったと見なされた)ために、やはり政治を変えるのは無理なのだというような失望に変わっている。そう考えると日本は一度内田監督が退任た世界ということになる。

日大の例に戻ると、日大はこれから独自の指導方法を確立する必要がある。スパルタ指導はよくなかったという認識はあるわけだが、同時にスパルタ以外の指導方法は実践も研究もしてこなかった。彼らは今期は試合に出ることができないので、これからの一年を新しい指導方法を確立するのに充当すべきなのだが、学校側が外部からの指導者を受け入れそうな様子はない。

同じように日本も「今のような曖昧な意思決定と縁故主義に侵された政治は嫌だ」という気分はある。ただし、一度それ以外のマネジメントを実践しようとして失敗した過去がある。加えて自分たちが麻生政権まで行っていたマネジメントがどんなスタイルだったのかということを整理できておらず、そのために反省ができないという状態である。さらに野党側は首相の不正追求に執着しておりマネジメントスタイルを整理した上で国民に提案するというようなことはやっていない。日本人は内省を嫌い集団での競争に熱中するからである。

「まともな人であれば安倍政権は支持しないであろう」という感覚は当然なのだが、ではどのような政治を希求するのかということを、これを読んでいる人たち一人一人に聞いてみたい。多くの人は「まともな民主主義が回復されるべきだ」という普通の感想を述べても、それがどんなものなのか他人に説明できないはずだ。「普通の民主主義で<成果>が出ると確実に保証できるのですか」と聞かれると言葉につまってしまうからである。

たかがアメフトの問題という言い方はもちろんできるわけだが、実はかなり大きな学びがある。体制を崩すのはそれほど難しくないが、新しいものを作るのはとても難しい。そして、一度失敗したところから学びなおすのはさらに難しいのである。

日本人は「民主主義というのは誰かが正解を与えてくれる社会体制ではない」ということを理解しなければならない。ただ、明治維新以来「こうすれば勝てる」というゲームを政府から与えてもらっていた「普通の人たち」にとってこれはかなり恐ろしい社会なのかもしないと思った。

日本人の中流意識 – 転落の恐怖と戦いながらつく嘘

安倍政権が嘘をつき続けているのだが野党の支持率は伸びない。これを説明するために「世論調査が操作されている」などという人たちがいる。この説明には無理があるが、認知的な不協和というか居心地の悪さを感じる気持ちはよくわかる。

この認知的な不協和の理由をいろいろと考えてみた。安倍政権が支持されるもっとも多い理由は「他に適当な政権が見当たらないから」であり、一方不支持の理由は「安倍首相が嫌いだから」らしい。このことから日本人が政策ではなく好き嫌いで政権を選んでいるということと、野党に支持が集まっていないことがわかる。

さらに、実際に実名で記事を書いてみると「政権を悪く言う」と支持が集まりにくいという経験がある。このことから<オモテ>では政権や現体制を承認することの方が「普通の態度」と認識されていることがわかる。このブログで反政権的な言論が許されるのはこれが<ウラ>だからだろう。そもそも<ウラ>に何かを書き続けるというのは普通の態度ではない。

安倍政権を叩くニュースは少なくとも<オモテ>で普通の人が見るワイドショーでは飽きられつつあるようだ。ワイドショーが今盛んに扱っているニュースは日大のアメフト問題である。ワイドショーでは内田前監督がしきりに叩かれている。識者が専門的立場から内田前監督を叩き、それを普通の人代表の芸能人が追認するというのが基本フォーマットである。アメリカでは昼間から討論番組をやっていて、個人が意見を戦わせたり勇気ある発言を誉めたたえるのが普通の態度なのだが、日本のワイドショーは普通の人が普通でない人を叩くのが普通お態度であるということがわかる。だが目的はムラから普通でない人を追い落とすことにあるので、叩いても転落しないとなると飽きてしまうのである。

普通の人は体制を承認すべきなのだが、普通の人たちが叩き始めると一転して「首相降ろし」の風に変わる。それを感知した議員たちが騒ぎ始めて内部で総裁が変わるという仕組みになっている。しかし、今回はまだこのような状況にはなっていないようだ。そのうち「少しくらい嘘をついたり友達に口利きしても、贈収賄にならなければいいのだ」という新しいスタンダードが導入されてしまった。もちろん風向きが変われば普通の人たちも安倍首相を叩き始めるだろうが、それまで日本人は口利きやごまかしのある社会を生きてゆくことになった。我々が集中して叩ける素材は限られているので、嘘や不公平が社会に蔓延することになるだろう。

そもそも「普通」とはどんな人たちなのだろうか。興味があって調べてみた。

日本では昔から90%の人が自分は中流であると答えるそうだ。しかし、実際に所得をみると多くの人たちが「下流」に転落しつつある。日本人は中流から脱落しかけている人が多いのだが、それを認められない社会と言える。(もう「下流」なのに「中流」だと言い張る日本人!ー誤った「中流意識」が社会の発展を阻害する!?ー)だが、ここで聞き方を変えて「生活は苦しいか」と聞くと多くの人が「生活は苦しい」と答えるということだ。(もはや日本の「中流」は全体の3分の1

つまり、多くの人が薄々自分は中流ではないとわかっているにもかかわらず、それを認めたがらない社会が出来上がっていると言える。現在では中流の大体の目安であった年収600万円を維持している家庭は少ないそうだ。ところが社会全体が縮小しているためにスタンダードを下げて、かつての下流的な暮らしを「普通だ」と認識しなおすことで現実から目を背けている。さらに全体が地盤沈下しているために自分たちが下流に転落したことがわかりにくい東京に住んでいる一部の人たち以外は転落に気づきにくい。。東京には格差がある。実際に成長している区域があり、ここでは格差が広がっている。

日本人は自分たちが中流から脱落しかけているということを知っていて、それを認めたくない。いったん「普通でない」というレッテルを貼られるといじめて叩いても構わないという社会なので普通から「転落する」のが怖いからである。小学校の段階で「普通学級」にいない生徒はいじめられるし、ワイドショーでも毎日のように普通叩きが行われている。

これまで安倍政権下でなぜ嘘が蔓延するのかということを考え、無理めのゲームに勝ち続けるために嘘をつき続けているのだと結論付けた。確かにそれはその通りなのだが、その背景には「中流から堕ちてゆくのだけどそれを認められない」という有権者たちがいるように思えてならない。その意味では安倍政権は最初から嘘に支えられた政権であり、嘘をついているのは実は政権ではなく有権者である。

日本人は自信を失っており自分たちが状況を変えられるとは思っていない。しかし、下流に転落することは怖いので自分たちは体制側にいるという仮想的な帰属感覚だけを頼りに誰かをアウトカーストに認定して叩いているように思える。もはや普通だという確信が持てない状態では普通から転落した人を叩いているときだけ社会との一体感が得られる。上流にも登れないし中流にいるという確信も持てない。下を見ているときだけ満足感が得られるという社会なのである。

普通から逃れることでより良い社会が作れるかもしれない。かつての日本にはそう考える人がいた。だからこそ勇気を持って「ダメなことはダメなのだ」と言えたのである。しかし、多くの人が転落を予想するようになると、上を目指すのは限られた一部の人たちの特権であると考える人が多くなる。社会変革的な動きが止まってしまったのにはこのような原因もあるのだろう。その証拠に人権について語る場合でも「今あるものがなくなる」ことを恐れる人は多いが、新しい権利を獲得したいと主張する人はほとんどいない。

誰もが普通でいたい社会において、政権を支持することが普通なので、その政権が不正を働いたということはあってはならない。もし不正があったとすると自分たちは偽物の政府を信仰していたということになる。だったら不正はなかったことにしたほうがいいし、欺瞞は見なかったことにしたい。かといって「嘘を容認しますか」と新聞社から聞かれれば、それは道徳に反すると思ってしまう。こう考えると今の世論調査は整合的に解釈できる。

嘘は嘘なのでそのうちに行き詰まるのだろうが、今後どのような展開をたどるのか予測ができないところではあるが、その間にも社会は着実に壊れてゆくように思える。