アジトという言葉はどこから来たのか?

日本語に由来不明のアジトという言葉がある。最近では「イスラム教過激派のアジト」というように「地下に潜伏している人たちの基地」というような意味合いになっている。この言葉がどこから来たのだろうかと検索してみるとウィキペディアには「英語のagitating point」の意味であるとかロシア語のагитпункт(アギトプンクト)が略されて伝わったと書かれている。

だが英語でagitating pointなどと言っても通用しない。辞書にも英語のagitating pointの意味であると書かれているものものあるそうだ。そして、戦前からすでに潜伏先のような使われ方をしていたという。

“アジトという言葉はどこから来たのか?” の続きを読む

佐賀市長選挙で自民党系候補が勝利した話

佐賀市長選挙が行われたらしい。保守分裂選挙になったのだが結局は自民党が推した候補が勝ったということだ。千葉市長選挙と同じような構図だったが表現としては「立憲民主党勝利」と「自民党勝利」ということになり大きく印象が異なる。この二つの選挙には共通点と相違点がある。千葉と佐賀という全く異なる県庁所在地で同じようなことが起きているところから、おそらく日本全体で何かが起きているんだろうなあという気がする。横浜市の事例も交えながらこの辺りをゆるっと見てゆきたい。

“佐賀市長選挙で自民党系候補が勝利した話” の続きを読む

環境に対する産経新聞の不思議で時代遅れの感覚について理解を試みる

毎日日本の政治記事と欧米(イギリス・フランス・ドイツ・アメリカ)の政治記事を読み比べてQuoraで配信している。欧米の記事は普通に読めるのだが日本の政治記事を読むのには一定のコツがいる。一言で言うと非論理的なのだ。この「非論理性」がどこからきているのかがわからないので苦労することが多い。一括りにして説明するなら「村人」の論理である。狭い世界で独自の価値観を持っている。一般的に課題よりも競争に夢中になる傾向がある。

“環境に対する産経新聞の不思議で時代遅れの感覚について理解を試みる” の続きを読む

小選挙区制度の行き着いた先は「今度の総選挙はマジで選べる選択肢がない」だった

最近、政治以外の記事を混ぜて書いている。実は政治に対する関心が薄れてきているようなのだ。別のトピックの記事を混ぜると露骨にページビューが変わる。Quoraでも政治ネタの閲覧数は上がらない。「興味を持っても仕方がない」というネタになりつつあるようだ。にも関わらず「政治ネタはエキサイトしている」ように見える。論理的に考えると一部の人が熱中し多くの人が離反していることになる。

“小選挙区制度の行き着いた先は「今度の総選挙はマジで選べる選択肢がない」だった” の続きを読む

「政治好き」の政治議論がまったくあてにならない理由

岸田内閣が衆議院任期切れを目前にしてわざわざ解散した。これが何故なのか?と聞いてみた。実に様々な回答が寄せられた。日本人の政治理解がどの程度なのかということがわかって面白かった。

「社会」が信頼を失った上に情報量が爆発的に増えたので誰も人の話を聞かなくなってしまった。これが細かな分断を生みバベルの塔のような状態を生み出しているのだ。

“「政治好き」の政治議論がまったくあてにならない理由” の続きを読む

Saved by the bell – 立憲民主党は岸田内閣に救われた

短い国会期間を終えて総選挙に突入する。総選挙に突入すると選挙報道が限定される。つまり皮肉なことに政治についてよくわからなくなってしまう。菅政権はコロナ対策の効果が出てくるまで選挙を引き延ばしたために解散が任期切れ直前になった。

ところが支持率が思ったほど上がらなかったため今度は岸田政権が選挙を前倒しにした。つまり自民党の都合によって選挙日程が振り回され続けたことになる。

ただしこれで自民党を非難するつもりにはならない。立憲民主党はむしろ今回の件で岸田政権に助けられたのではないかと思う。それくらい危機的な状況だった。Saved by the bell(土壇場で運よく助かった)というべきだろう。

“Saved by the bell – 立憲民主党は岸田内閣に救われた” の続きを読む

頭が小さいほどスタイルが良い女性だと考えられるようになったのはなぜなのか?

Quoraに「日本で頭が小さい女性がスタイルがいいと考えられるようになったのはいつ頃からなのか?」という質問があった。ミスユニバースで三位入賞した伊東絹子さんが八頭身美人という言葉を流行らせたという回答が複数ついていた。

その後、児島明子さんがミスユニバースで優勝した。1960年代になるとツイッギーというイギリス人女性が来日しミニスカブームが起きた。つまり頭が小さいだけでなく小枝のように細い女性が「グローバルスタンダードなのだ」という認識が徐々にできあがっていったことになる。

“頭が小さいほどスタイルが良い女性だと考えられるようになったのはなぜなのか?” の続きを読む