前原民進党はどのように崩壊するのかを予想する

9月の最初に前原民進党がどう崩壊するかを予測した。この時には「キレるとかなり極端なことをし」「純化欲求の求のために暴走する可能性がある」と書いた。社会党系の人を切るのは予想できたが、まさか政党として自殺するとは思わなかった。

以下、文章があまりにもひどいのでやや直した。この後「少数者を探し出しては血祭りにあげることが横行するのでは」と予測している。当たらないといいなと思う。(2017/9/19)


民進党の党首選挙を見た。地方では枝野さんの方が強いと思っていたので、この勝ち方は意外だった。枝野さんが「地方で頑張っている地方議員のために頑張る」と言ったのはスルーされれたことになる。左派の人たちは枝野さんが左旋回してから追い込んだなどと言っているがこれは負け惜しみだろう。地方組織と左派は負けたのだと思う。

Twitterにいる有権者には左派リベラルの代表としての民進党への期待があるようだが、政治に携わっている人たちには「正当性」への嗜好みたいなものがあるのだろう。つまり「本物の政治家」でありたいのに、<女々しい>左派や<卑しい>共産党に頼るヒモのような存在でいいのかという悩みだ。

欧米型の二大政党制は自由と平等という理念の間を揺れ動くことになっているのだが、日本の場合にはこうした理念による二大政党制が成り立たない。政治家にはさしたる目的意識がないのに自意識が強すぎるのではないかと思う。こうなると自分を客観的に見るのが難しい。

政治家が持っている<正当性>の基準は曖昧でつかみにくい。が、小池百合子東京都知事を見ているとなんとなくその一端がつかめる。小池さんは「女性でありながら」既得権益と戦うしなやかな女戦士で、「女性としての幸せ」より「国益を優先するために」戦っている。つまり、男性的な闘争心が「本物の政治家」のもっとも重要な資質なのだと考えられる。

一方で野田聖子さんのように「女の幸せを追求するために子供を産む」と総理の資質が亡くなったなどと言われる。子供に障害があると「足手まといの子供がいて、政治に専念できない」などと考えられてしまう。これは、日本人は政治に「男らしさと競争」を求めるので、弱さは排除されるべき属性なのだろう。だから弱さを代表する左派リベラルは邪魔なのだ。

男性型競争社会を志向する日本人は、擦り切れるまで集団に尽くすことが美徳とされる。より居心地のよい社会を目指してお互いに助け合うのは「負け犬の言い訳」であって取るに足らないことなのかもしれない。

自民党は実利的に両者のバランスをとっている。政権政党なので男性型闘争にばかり力が入ると有権者の一部が離反することがわかっており、競争には権力闘争という目的がある。しかし、民進党には支持者がいないので思う存分男性的な競争を求めて暴走する余地がある。有権者は離反するだろうがそもそも誰も期待していないので支持者が減る心配をすることはない。

前原さんは党首になってからの最初の演説の中で高揚のあまり言葉をかんでしまった。彼はこれから「男らしい政党のたくましいリーダー」として振る舞わなければならないので、自分を鼓舞するために冷静さを失ってゆくだろう。この力みは崩壊の一因になりそうである。自民党と「競争」して男らしさを証明するためには自民党より過激にならなければならない。

一方で若狭さんは「民進党の枠組みを残したままでは合流しない」と言い続けている。数が足りない若狭新党はこのままでは対等合併にならず主導権を握れないので、この提案は当然のものと言えるだろうが、これに擦り寄りたい前原さんはどうするだろうか。多分、旧社会党の「女々しい奴ら」を排除することで純粋性をアピールすることになるだろう。自らが男であることを証明するためには極端に走らなければならない。地元のヤンキーが悪いことをして目立ちたがるのと同じだが、前原さんは高揚のあまり言葉をかんでしまうほど気が弱いので、キレるとかなり極端なことをするのではないか。

同じことは連合でも起きている。連合の中には「自分たちはエリート労働者の組織」であって「卑しい弱者に目を向ける」共産党とは違うと考える人がいるようである。そこで「残業ゼロ法案」に賛成した。これからも繰り返し「純化運動」に邁進するはずであるが、労働者自体はこの本部の暴走には懐疑的なようだ。

言い方は悪いかもしれないが、植民地にいる混血の人がマジョリティの人たちに代わってマイノリティをより過激に弾圧するのに似ている。民進党や連合が形として崩壊するかはわからないのだが、形が残ればこうした純化運動が起こる可能性が高いのではないだろうか。

一方で、Twitterで見ている人たちは、特に社会主義運動に肩入れをしているとは思えない。つまり彼らは行き過ぎた競争社会に疑問があり、それを牽制してくれる勢力が欲しいだけなのである。有権者と当事者の間にズレがおこるのは、多分有権者の方は政治的なイデオロギーをアイデンティティではなく実利的に捉えており野党共闘を特に「女々しい」とは考えていないからだろう。

政治家の人たちが考える「男らしさ」とは何だろうか。これが実は人によって違っている。自民党を中心とした人たちは「年配の男性が尊敬される」ことが男らしさだと考えている。が、小池新党は例えば「家でタバコを吸っている人」を悪者扱いすることで「自分たちの方が偉いのだ」と考えたがっているようだ。つまり、少数者を悪者を扱いすることで序列を作るマウンティングが「男らしさ」なのである。

すると、彼女たちが「男らしく」いるためには常に悪者がいなければならない。つまり少数派探しが自己目的化することになるだろう。前原民進党がこうした戦力と協力するためには少数者を探し出して次々と血祭りにあげる必要がある。攻撃が外に向かうか内に向かうかでかなり現象は変わってくるのではないだろうか。

職場の男性のマウンティングは単に権力闘争に過ぎないのだが、権力や意思決定権を持たない女性のマウンティングはそれが自己目的化する上に逃げ場がなくなる。女性のマウンティングは果てしない。LINEいじめをやめたいがやめられないというのが女性のマウンティングである。

前原民進党がどう崩壊するかはわからないが、純化欲求のために暴走するか抑圧的になってゆく可能性が高いのではないかと思う。こうした闘争は私たち有権者のニーズを全く無視しているが、とにかく有権者の希望を裏切り続けるのが民進党の「芸」なので、引き続き生暖かい目で観察して行きたい。

Google Recommendation Advertisement



小池百合子都知事はなぜ国政に進出できないのか

金曜日頃から、小池百合子東京都知事が私がAIだと言ったという書き込みが増えた。意味がわからなかったのでタイポだと思っていたのだが、どうも数が多すぎる。どうやら本当にそう言ったようだ。小池さんはこれで終わったなと思った。支持している人たちはこうした違和感を見逃したくなるだろうが、こうした問題は責任が重くなればなるほど大きくなるものだ。

多分、小池さんは国政に進出する前に失速するだろう。しかしそれは豊洲に行くのがけしからんというような類の話ではない。小池さんは多分メディア戦略に失敗するだろうという話である。

小池東京都知事は、豊洲移転の決断に至った経緯は回顧録には残せるが今は情報は公開できないと言っている。その決断の理由を知りたがる記者に対して「私はAI」だと言ったのだという。正確には「最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます」だと言ったのだそうだ。全く説明になっていないが、あまりにも唐突な回答だったことから、記者もそれ以上は聞けなかったのだろう。

このAIがどこから来ているのはなんとなく想像ができる。最近NHKがAIに関する番組をやったばかりである。なんとなく目新しく科学的な感じのする番組だったが、因果関係をまるで無視して相関関係だけで話を無理やりにでっち上げてしまった。この程度のものをAIと言ってしまっただけでも罪は重いのだが、AIというのはブラックボックスであって、人間には良し悪しが判断できないのだという間違った知識を植え付けてしまったことも大きな問題がある。

小池都知事はこのAIはブラックボックスという概念が気に入ったのだろう。自分はコンピュータのように頭が切れるのであって、常人とは思考が違っているという優等意識が見える。同時にこの人が外来語で話すのは何かをごまかすためだということがわかる。「アウフヘーベン」も「ワイズスペンディング」も意味がわからない。

小池都知事は目新しい情報をふわふわとしたままで理解していることがわかるのだが、テレビではよく取られる手法で、小池都知事が極めてテレビ的な政治家だということがわかる。テレビ局の人たちも真面目に課題に取り組むということはありえない。彼らが気にするのは、それがどのくらい「キャッチーか」ということである。

こうした手法は例えば夏のサラリーマンに涼しい格好をさせるというのには向いている。問題になっているのは「他人の目」なので、夏にネクタイをしないのがかっこいいということにしてしまえば、おおむねみんなを満足させることができるからだ。だが、利害が交錯する現場では通用しない。人の一生がかかっているからである。

早速、築地市場の人たちの中に「5年後に約束が履行されるかどうかはわからないから絶対に立ち退かない」という人たちが現れた。小池さんが信頼できるかどうかはわからないのだから、既得権を守るために動かないというのは当然のことである。口約束があったとしてもそれが守られる保証はないからだ。

こうした状況は「囚人のジレンマ」として知られる。協力して得られる利得が高いことがわかっていたとしても、他人が信頼できない、あるいは情報が少ないと自分一人で得られる利得を得ようとするので、社会全体として得られるはずだった利得が失われてしまう。

もしかしたら、小池都知事が「アウフヘーベン」した方が利得が大きいのかもしれないが、私がAIだなどということを言ってごまかす人を信じられるはずもなく、結果的に豊洲もうまく立ち上がらず、オリンピックの駐車場もできず、築地の改修も進まないという状況に陥ってしまう可能性が高い。こういう人が国政に出て間違って首相などになってしまえば国政は大混乱に陥るだろう。

小池都知事が有能な政治家でいられたのはこれまでの政治がテレビ的だったからである。テレビの持続力は数日しかないので、そのあとに情報を変えても誰も反対しなかった。逆にいえば、政治は別に何もしなくても、ただ盛り上げていれば良かったのだ。

例えば、テレビの健康番組では毎日のように新しい健康番組が出てくる。それぞれの番組の言っていることには矛盾もあるのだが、数日から数ヶ月で忘れられてしまうため、誰も気にしない。テレビ業界にいる人たちは、職業的健忘症になる訓練を受けているからこそ、次から次へと新しいコンテンツを売り続けることができる。もし一貫性などということを考え始めたら、こうした番組は一切作れなくなる。

こうしたことができなくなっている背景は大きく分けて二つのものがあると思われる。一つは政治が問題を解決しなければならなくなっているということだ。詳しく言えば、利害の調整を行う必要が出てきている。テレビ型の政治では利害調整ができないのだ。

もう一つはメディア特性の変化である。インターネット時代に入ってメディアは二つの能力を手に入れた。一つは分散型の情報処理だ。多くの立場の違った人たちが情報を評価してアウトプットする。ゆえに過去の矛盾についての検討もスムーズになった。

実は、豊洲・築地の問題はもう追いかけていないのだが、様々な情報がTwitterから流れてくるおかげで「ああ、この人はやっぱり偽物だったんだなあ」ということが簡単にわかってしまう。

もう一つの能力はアーカイブ機能である。過去記事を含む複数メディアの情報を比較検討することができる。このため、小池都知事がもともと築地も残しますよとか情報公開はきちんとやりますよと言っていたのに、ある日突然「私がAIなので」と言い出したことが確認できてしまうのだ。

日本ファーストが国政政党になれない理由は支持者が見つからないことだと分析した。小池さんの人気だけが支えになっている。当の小池さんは民進党が割れるのを待っているという分析がある。前原さんが代表している「保守」の人たちが流れ込めばその分だけ政党助成金がもらえるという計算があるのだという。

小池新党には支持者とお金がない。だが、日本社会が分断してしまっているので、支持者を集めようと思うとお金が集まらず、お金を集めようとすれば支持者が離れて行くという状態になっている。このことは今後の日本の政治を見る上で重要な要因となるのではないかと思う。

Google Recommendation Advertisement



待機児童問題には関心がなさそうな小池百合子氏

小池百合子さんが「待機児童問題を解決するために空き家を利用すればいい」とドヤ顔である。これを聞いてとても腹が立った。

空き家にも持ち主はいる。借り手と貸し手の間でトラブルが頻発することは明白だ。設備が壊れたら貸し手が修理するのだが、空き家の持ち主がそこまでしてくれるだろうか。国土交通省もデータベースを作っただけで空き家問題を解決しようとしている。細かなトラブルは市町村で解決してほしいと考えているようだし、市町村はそうしたトラブルは当事者同士で面倒を見てほしいとおもっているようだ。不動産の貸し借りというものを甘く見ているのではないかと思う。

さらに小池百合子さんは「空き家をシェアハウスにすれば、賃金を5万円も上げなくてよい」と言い放った。これ実はとてもひどいことを言っている。保育士も結婚して家庭を作りたいはずだが、それを諦めろと言っているのだ。なぜ、誰も突っ込みを入れないのだろうかと腹が立った。シェアハウスで自分の子供を育てろというのだろうか。

確かに都がこうした家を市場価格で買い取って、家を解体したうえで、新しい保育施設を建ててくれれば万々歳だろう。しかし小池さんのアイディアは「小額のレンタル料で家が借りられる」という点にあり、人件費も抑制できるだろうと言っている。つまり、いろいろな市場の失敗を空き家の持ち主と保育士に押し付けているのである。

まだ、子供相手だからと考えている人がいるかもしれないが、同じことは実は介護にも言えるのだ。介護士の給与も安いから、空き家を借り手シェアハウスで高齢者の面倒を見ろ、そして自分の家庭を持つことを諦めて、シェアハウスで暮らせということである。ずいぶんと印象が変わって見えるのではないだろうか。

もちろん地域住民も黙ってはいないだろう。保育施設を新しく作るのでさえ大騒ぎになる。子供は騒音をまきちらすからだ。こうした問題をNIMBYというそうだ。空き家にある日突然子供たちがやってきて大騒ぎになるのだ。地域住民はこれに耐えられるだろうか。

確かに「反対意見ばかりでは何も変わらない」のは確かだろう。都の優秀な職員が関われば、解決策も見つかるのかもしれない。だが、問題の本質は別のところにあるように思えてならない。

小池さんは国の大枠(軍事・外交・憲法など)の大きな政治にばかり関心があったようだ。過去の発現も国防や憲法がらみのものが多い。中には「現行憲法を停止して、新しい憲法を施行しろ」という革命まがいのものや、日本もアメリカから核兵器を借りろという過激なものもある。こういう問題は「頭の体操」としては理解できる。

だが、こうした人たちは介護や福祉を小さな政治問題を「簡単に片付く取るに足らない問題だ」と考えているように思えてならない。地方自治体というのは、こうした「取るに足らない問題」の集積なのである。

普通の人々の生活にシンパシーがない「優しくない政治」が展開されることは明らかだろうし、事によってはかつての前任者たちのように途中で都政を放り出すことになりかねない。