アッキード事件と議事録

瑞穂の国安倍晋三記念小学院を扱ったいわゆるアッキード事件で不思議なことがある。なぜ守るほうも責めるほうも「議事録」をそんなに気にするのだろうか。

議事録がないと誰が何を決めたかが分からないということは、意思決定が集団で行われているということを意味する。だから議事録がないと誰が売却価格を設定したのかということが分からないのだ。

だが誰かが何かを決めたのは明白だ。同じ価値の土地が豊中市に高値で売却されており、なおかつ地下埋設物の撤去費用は豊中市が支払っているので、森友学園側に有利な計らいがあったことは明らかなのだ。

当初このことを考えたとき「西洋流のジョブディスクリプションが決まっていないから議事録でことの経緯を追うしかないのだろう」と考えたのだが、役所なのでジョブディスクリプションはしっかり決まっているはずだ。

つまり、集団の中でなんとなく物事が決まってゆくというのは実は普通のことではない。プロセスは法律で厳格にで決められており、責任者が何重にも管理しているはずの組織だ。しかし、そこまでやっても誰が何を決めているのか分からないわけで、日本人の意思決定の強い癖が分かる。

官僚システムは「誰も責任を取らない」。官僚は普段は法律で決まったことしかやらないと言い張ることで責任を取ることを回避している。しかし、法律がすべてを想定できるわけではないので、想定外のことが起こると外部からプレッシャーがかかり、責任を分散させて「なんとなく」物事を決めてしまうのかもしれない。

国会は形式が遵守されなかったことを問題にしているのだが、もし本当に役人が法律できまったことしかやらなくなれば役所は全く何の仕事もしなくなってしまうだろう。そこで「責任を取るから」と介入するのが国会議員の仕事になっている。その国会議員たちが「役所が決まったことを逸脱した」と騒いでいるのだから救いようがない。

なぜこうしたことが起こるかというと日本人が絶対に「個人に権限を渡して任せるが、何かあれば説明してもらうし責任を取ってもらう」ことをやらないからだ。。一方で中にいる人も責任を取らされる立場には立ちたくないので、このような環境を甘んじて受け入れてしまうことになるのかもしれない。

だが、森友の件にしても豊洲の問題にしても「大事なことがなんとなく決まってしまい、あとで大騒ぎになる」という事例が散見される。

森友の件は「安倍を追い落とせ」とか「そのうち沈静化してサヨクが悔しがって飯ウマ」などというように語られているのだが、実際にはもっと深刻なことが起きているのではないだろうか。

官僚は「いざというときには政治家が責任を取ってくれるから」という理由で情報を上げたりいうことを聞いてやったしているわけだが、実際には最近の政治家は責任も取らないしいざとなったら逃げ出してしまう。すると政治家には利用価値がないわけだ。いうことを聞いてやる理由はなく、そのまま機能不全に陥ってしまうことになるだろう。

気になるのは、こうした「責任を取らない」政治家が増えているという点だ。組織が肥大化するとドメインが固まるので、そこに手を突っ込んでこない人が好まれるのだろう。適当に祭り上げていれば気持ちよくおみこしに乗ってくれるような人たちだ。

だがおみこしに乗ってくれるような人たちは責任も取ってくれない。何か問題が起こると、膨大な時間をかけて「誰が責任を取るべきか」という追求が始まり、その間必要な議論はすべてとまってしまう。

しかし、時間をかけて追求しても実際には明確な責任者がいないままでなんとなく物事が決まったということが分かるだけなのかもしれない。これは第二次世界大戦への参戦を決めた責任者が誰もいないというのと同じことだ。

とういことはつまり「結果責任を取らせる」という方法を取るのがよいのではと思う。フェアでない裁定が分かれば、政治家の関与などを一切考慮せず、ジョブディスクリプション上の責任者を裁いてしまうのだ。GHQは議事録を見て「戦争はなんとなく決まったんだね。仕方なかったね」などとは言わなかったわけで、フォーマリティだけを問題にするなら、それを徹底すべきだろう。

つまり見せしめにして再発防止を図れということだが、本当にこれしか責任をとらせる方法がないだとしたら情けない気持ちになる。

ショッカーはなぜ幼稚園バスを襲うのか

大学生のころサークルでよく聞く冗談に「世界征服を狙うはずのショッカーはなぜわざわざ幼稚園バスから始めるのはなぜかか」というものがあった。この答えは簡単で、子供向けの番組なので、ターゲット層にとって切実な問題を扱ったからなのだろう。

だが、よく考えると世界征服のために洗脳しやすい子供から始めるショッカーの作戦にはある程度の妥当性がある。だが、ショッカーの幼稚園に子供を通わせる親はいないからショッカーは幼稚園バスを襲うしかないのだ。

さて、そんなことを考えたのは、瑞穂の国安倍晋三記念小学校の件が政治的な大騒ぎになっているからだ。森友学園は幼稚園児を洗脳し次には小学生を洗脳しようとしていた。いわばショッカーが幼稚園を経営していたようなものだ。

そこで問題になるのは親がショッカーと分かって子供を通わせていたかそうでないかという点なのだが、今のところは「分からなかった」ということになっているようだ。ただしいろいろとおかしな兆候はあったようであり、全く気がつかなかったといういいわけも立ちにくい。

保護者たちは必ずしも愛国的教育にシンパシーを感じていたわけではなく「そこしかいくところがなかった」という親もいるそうだ。もし、近くにもっとよい幼稚園があればこのような幼稚園に子供を通わせる親はいなかっただろう。

ここで新しい疑問が沸いてくる。なぜ他の教育機関は稚園を作らなかったのだろうか。ここで、幼稚園とか小学校とかは面倒な事業になっており、まともな企業は手を出したがらないのではないかという可能性が見えてくるのだ。

学校に「洗脳」という側面があるというのは疑いようのない事実だ。例えばミッション系の学校はキリスト教を広めるために非キリスト教地域に作られる学校を意味するし、民主主義を学校から広めるのも「洗脳」と言えなくはない。ただし、善い考えは押し付けるものではなく「内面からよいと信じさせる」ものであるべきである。

今回の森友騒動(一部では疑獄と呼ばれているようだが)は安倍首相が「もし土地の斡旋に関与してたら俺は辞めてやる」などと口走ったおかげで「首相夫人を証人喚問しろ」とか「検察でてこい」みたいな話になっている。だがそれだけが問題なのだろうか。

教育というものに情熱を持つ人がいなくなっており」「変な政治的主張を展開するため」か「補助金を食いつぶすため」か「将来土地を高値で転売するため」だけに教育機関を作るような人たちしか残っていない末に生じた問題だと考えると、大分見方が変わってくる。

つまりショッカーが問題なのではなく、ショッカーくらいしか学校や幼稚園を作らなくなった(つまり誰かを支配したいという病的な欲求を持った人たちしか教育に興味がなくなった)世界だということになり、われわれ側の問題になってしまう。さらにこの問題は有毒物質の存在を政府が隠蔽したのではないかという疑念も呼んでいる。もし掘り返して何かが出てきたとなると、政府が知っていながら子供を危険にさらしたことになってしまうのだ。

言い古された言い方なのだが、日本にはたいした資源がなく、もう人的資源くらいしか未来を託することができるものはない。だから社会が子供を育てるのだというのはおおむねコンセンサスとして受け入れられてきた。そんな国で誰も教育に情熱を傾けなくなったとしたら、国には何が残るのだろうか。

保育園にいたっては、企業もお金を出したくないし、保護者もお金を出せないというような状況になっているようだ。給料も出せないので保育園を作ることすらできない。

高度経済成長期のショッカーは幼稚園を経営できないので幼稚園バスを襲うのだが、もしショッカーしか幼稚園を経営する意欲がないような世界ができてしまったら仮面ライダーも手の施しようがないのではないだろうか。

意外とそんな情けない社会になってしまっているのかもしれない。

安倍晋三の悪い友達と大阪の荒廃

昨日の国会は森友学園祭りだった。大阪に新しく作られるという「安倍晋三」小学校がかなりめちゃくちゃなことになっていたからだ。Twitterから流れてくる話をまじめに読んでいると気分が悪くなる。

政治家が介入しないとあんなに不自然な取引は行われないはずだという声があるのだが、もしかしたらそういう話でもないかもしれない。NHKは安倍首相が「勝手に名前を使われて迷惑している」と態度を表明してからおずおずとこの件について報道しはじめた。それまでは「森友学園は支持者だ」などと言っていたので「なんか触るとやばいんじゃないか」と考えて調査していなかったのだろう。NHKは報道機関という名前を広報機関に変更したほうがよいと思うが、直接働きかけを受けたというよりも「官邸に脅されたらやばいな」と思っていたのかもしれない。

つまり官邸は、普段からやくざまがいの恫喝を行っていたことがわかるのだが、「森友学園」という安倍首相のお友達もかなりのタマだったようだ。俺のバックには首相がいるんだぞと嘯(うそぶ)きながら、土地を借り、それを原資にして各種補助金を引き出していた。途中から「ごみが出てきている」と難癖をつけて安い価格で土地を買い叩いた。政治家の斡旋があったかどうかは各機関が調査すればいいと思うのだが、本当に斡旋はなく「やばい人みたいだけど首相ににらまれたら厄介だから」と考えて言いなりになった可能性もある。「もう土地は要らないから後から難癖をつけてこないでね」という契約になっているようだ。

森友学園は安倍首相のお友達だ。安倍さんがおなかを壊して首相を辞めてから年寄りしか読まない右翼系の雑誌で「安倍さんが悪いんじゃなく、安倍さんを否定した世間が悪いんだ」などと盛り上げていた。「見かけは不良なのだが実はいいやつ」という評価なのだろう。しかしやっていることは怪しかったので、自分は合おうとせず奥さんをお使いに出していた。最終的には「私は知りません」と言えるからだ。安倍さんの国会でのあわてぶりをみていると「予想はしていたんだろうなあ」と思えてくる。

しかし安倍首相の愉快なお友達は「ワシは安倍首相と友達やねんで」と雑誌などで吹聴し、寄付金を集めていた。民進党が調査したところでは、森友にはお金がなく、当局もそれを知っていたようだ。そもそも学校が作れるかどうかすら怪しい団体だったのだ。

このように学校を補助金ビジネスにしようとしていた森友だが、運営している幼稚園はさらにひどかった。教育勅語を暗唱させ……などと言われていたが、実際には「右翼コスプレ」だったようだ。天皇・皇后の写真がぞんざいに飾られていて敬意などなかったのではという記事があった。

また「中国韓国に謝罪させるぞ」と幼稚園児に宣言させる一方で、子供がトイレに行かせるのが面倒なので時間にならないとトイレにいかせなかったそうである。汚物に腹を立てて子供のバッグにお弁当箱と一緒に突っ込んでいたそうだ。さらに、汚染物質が出てくるといっていた土も「お金がないから」という理由で敷地に埋め戻していたそうである。子供が遊ぶ土地だからきれいにしてやろうという気持ちは一切なかったようだ。

つまり子供は彼らの政治的な主張を刷り込む道具であって、子供の世話なんかどうでもよかったということになる。

ではさぞかし複雑な政治的主張があるかといえばそういうわけでもない。「中国と韓国はダメ」というような全く中身がないもので、中には「コーラは韓国人が飲むものだからダメ」というようなものもあったようだ。この理屈だとアメリカ人は韓国人ということになってしまう。

つまり「現在の愛国主義者」というのは俺の言うことを聞かせるための道具として天皇の権威や子供を利用するだけの人ということになる。安倍首相はそういうやばい人たちを「でも俺のファンだからだなあ(永田町用語では「私の考え方に非常に共鳴している方」)」といって放置していた。いつもマスコミや役所を恫喝していたので「安倍のお友達」を放置していた。

さて、ここまでは「森友学園ってひどいね」という話だがもう一つ驚いたことがある。かなりひどいことが知られていた塚本幼稚園だが「淀川区にはほかに通わせる幼稚園がない」という理由で通わせていた親が一定数いたそうだ。市立幼稚園がない地域もあるという。

さすがに「幼稚園がまったくない区」というのは関東圏では考えられないような気がする。淀川区がどんな地域かは知らないが、よほどの貧困が進んでいるのだろう。維新の党は国会でも全く中身のない質問を繰り広げているが、経済が荒廃するとこういう人たちが沸いてくるのだ。

もともと大阪は政治に信頼感がなく昔からテレビタレントなどを市長や府知事にしていた。これが貧困を生み、貧困がさらに中身のない政治家を増殖させるという構図があるのかもしれない。これを「日本の大阪化」と呼びたい。

日本が大阪化すれば憲法レベルで森友学園みたいな存在を容認することになるかもしれない。当然子供は単なる道具のように使われることになる。国家レベルで推進しなければならない事業なんかあるわけはないので、国の私物化が始まるのだろう。

森友学園とトランプ大統領に共通するもの

おもしろいツイートを見つけた。一連のツイートから見ると森友学園について言及している。

多分、誰かに反論しているのだと思うのだが、これ多分どちらとも間違っている。A→BではなくB→Aであろうと言っているのだが、AもBもCの結果なのだ。じゃあ、隠れたCって何ですかということになる。

さて、隠れた事象を見つけるのはなかなか難しそうだ。多分、実際にこういう硬直した教育観を持った人を身近に見たことがないと想像が難しいのではないかと思う。類推するしかないのだが、かといって決め付けてしまっても問題の本質が分からなくなりそうだ。

ヒトには共感作用があり、お互いに影響を与えることができる。ただし、この共感作用にはさまざまな能力が関係しており、それが先天的・後天的に損なわれると共感ができなくなるのではないかと思う。

教育は社会の寛容性を利用してよりよい社会に参加するメンバーを増やすと言う作業だ。つまり「良い」と思ったことに人は従うのだ。だが、これが分からない人もいる。共感というルートが使えないので無理に従わせると言うことになる。教育と虐待や強制の境目があいまいなのは、従わせるルートが共感か強制かという違いしかないからだ。

「相手を操作する」わけである。いろいろなルートがある。

  1. 規範に従わせる:先生がそういっている・法律がそうなっている
  2. こっちが得である:取引を持ちかける
  3. 私のことがかわいそうとは思わないのかと脅す
  4. 相手のほしいものをちらつかせて操作する
  5. 暴力を振るって脅かす

1が暴走しているのが日本会議である。そもそも国旗国歌の法律を作ろうとしていた運動体だと思うのだが、法律は憲法に縛られるということに気がついたらしい。だったら憲法を変えてしまえというように変質していったのだろう。子供のころから教え込めばいいだろうと考えている節もある。日本会議の特徴は「言うことを聞かせられなかったら、もっと偉い人に働きかけよう」と考えている点だ。つまり、行動によって影響力を行使できていないということで。多分これは行動が間違っている。

トランプ大統領は別の経路を使っている。取引を持ちかけているのだ。自伝の中で「取引自体が楽しいからやっている」と言っているそうだ。取引自体が自己目的化しているので、それに合わない事実はすべて「フェイクニュースだ」ということになっている。

ちなみに3番は共依存の持ち掛けである。相手のことを親身になって考えているようではあるが実は対象物としてしか見ていないという状態だ。入院した娘を放り出して別の人の世話を焼きに言ったのを見て「長年の呪縛が解けた」という話を読んだことがある。

さらに4番目がいわゆるサイコパスの中で最も成功する部類の人たちの類型だ。共感回路が壊れているので、却って相手の考えていることが良く分かるそうである。

最後は犯罪化しやすい。しつけの一環として虐待したという親がいるが、多分本当に区別が付いていないのだろう。

共感ルートが壊れた人たちはいろいろなヒントを落とすことがある。例えば「汚いものが受容できない」というのもその一つだ。なぜそうなるのかは分からないのだが、他人が「害をなすものだ」という認識があるようだ。相手はばい菌に満ちており、それを排除するために相手をコントロールしたいという欲求があるのだろう。

トランプ大統領は極度の潔癖症で知られるそうで、検索するといろいろなエピソードが出てくる。子供のころから攻撃的な性格だったようだ。森友の事例を聞いてこういう強迫的な性格の人は相手を汚いと考えて恐れるのだなあと思った。

この手の人たちには「相手の話が聞けない」という特徴もある。これは相手が言っている論理経路にしたがって自分の中で論理が形成できないことを意味している。ただし認知に問題があるのか「聞かなくていい」と思っているのかは分からない。本から知識を得ることはできるので「教育勅語」のような固定したテキストに自分のストーリーの乗せることを「分かった」と考えてしまう。コンテクストとか書いた人の気持ちなどは読み取れないからだ。

共感による影響力を行使できず相手も理解できないからこそ、固定したテキストを暗唱させるなどという無茶なことができる。例えば普通のキリスト教の学校では聖書を暗唱させてそれを事実だと教え込むというようなことはしない。聖書を事実として教え込む人たちをキリスト教原理主義などというが、アメリカでも白人の多い地域では増えているようである。

ここまで見てきたのは、日本でもアメリカでも共感を欠いた人が台頭してきているという現象だ。こうした人たちは毎日が闘争なので(闘争をやめてしまうと相手にコントロールされてばい菌を移される)競争に勝ちやすいという側面がある。

どうしてこういう人たちが台頭してきたのかは分からないのだが、少なくともアメリカがこういう人たちに侵食されてどうなるんだろうというのはこれから行われる社会実験でよくわかることになるだろう。と、同時に森友学園も早く小学校を作ればいいと思う。多分、硬直的な教育が子供にどういう影響を与えるかということが分かる社会実験になるだろう。

シナリオどおりに子供が育てばたいした問題にはならないだろうが、いったんいじめのように人間関係から起こるトラブルなどが発生すると対処できなくなるのではないかと予想できる。

最後に「相手の分析をして頭がおかしいというレッテルを貼っている」という批判があることが予想される。確かに安倍晋三はサイコパスだというつぶやきを見つけたことがあるがこれは安易だなと思った。反社会性人格障害という別名があるのでそれに引きずられたのだろう。安易なラベル貼りはやめたほうがよいと思うが、完璧に育った人などいないのだということも知っておいたほうがいいだろう。

つまり、私もあなたもなんらかの問題を抱えているはずなのである。ただそれを個性化させて昇華できるか、それとも周りを巻き込んで苦しみ続けるかということには大きな違いがあるはずだ。

瑞穂の國記念小學院とファストファッション

今日は日本人とファッションについて観察している。個人的に興味があり別ブログを立ち上げたからだ。だが、ここのブログの読者はもっと「大きな物\語」が好みだと思うので、なぜネトウヨが増えたのかというところに着地させたい。

こじ付けだと思われるのだろうが、意外と共通点も多い。これは偶然ではなく、日本人の文化受容についてみているからだ。最近のファッションはユニクロ化している。楽でお求め安い服だ。現在「ネトウヨ」と呼ばれる思考形態はファストファッションに似ているといえる。

現在のアパレル業界の悩みは「服が売れない」ことなのだが、着る側にも正解が見えないという悩みがある。つまりちょっと努力したら抜きん出る何かがないと、何をしていいか分からなくなるのだ。

バブル期直前までのファッションには正解があった。馬場啓一という人が1980年に書いた「アイビーグラフィティ―シティ・ボーイのライフ・カタログ」に面白い記述がある。

馬場はアイビーファッションは「~道」好きの日本人に受け入れられたからだと説明する。アメリカ人のエリート階層のドレスコードを模倣したのがアイビーファッションなのだが、このドレスコードをどれだけ忠実に守れるかというのがアイビー道の肝なのである。

「~道」には正解があり容易にたどり着けないというところに本質がある。だからこそ道を究めた人は尊敬される。不思議なことに実際には本物を見たことがある人はほとんどいない。正解があるのに誰も見たことがないという意味では宗教に近い。つまり「~道」は神への道なのだといえるだろう。重要なのは神は外側にいるということだ。

アイビーファッションはアメリカ人のコスプレなのでファッションモデルも国人(しかもバブル期以前に外人といえば白人のことだった)だった。外国人とは違った美しさがある日本人の体型はまるっきり無視されているのだが、それでも構わなかった。日本人は鏡を見ないで、どちらかというとアイテムとその薀蓄に関心があった。

バブルが崩壊して20年以上たって、日本人は「鏡を見る」ことを学んだ。今の男性ファッション誌には日本人のモデルが採用されている。中にはアイドル雑誌のような売り方をしているものもあるのだが、より普通体型に近いモデルが採用されることも多くなった。受け取る側も「自分には何が似合うのだろう」と考えるようになり、SNSでファッション投稿している。

この結果、日本人はファッションを合理的に考えられるようになった。と、同時に大方の日本人はファッションに投資をしなくなった。極めるべきゴールがなくなり「無理をする必要がなくなった」からである。その結果出てきたのがユニクロだ。ユニクロは最小の投資で最大のリターンを得ることができる。

ネトウヨ的思想は、思考の合理化だといえる。民主主義はアメリカやヨーロッパの優れた理想なのだが、それは日本人の肌には合っていない。それを極めるのが「民主道」である。だが、情報が氾濫すると「もう無理しなくていい」ということになる。大方の人は政治を常識のレベルで語るようになった。「わがまま言わないでみんな仲良く」というレベルだ。

いろいろと考え合わせて自分なりの結論を得るというのは知的には負荷がかかる作業だし、そのために調べ物をするのも面倒だ。結局行き着く先は「俺は何もしないが、お前は変われ。そしたらすべての揉め事はなくなる」という思想だ。これが究極のラクチンファッションなのだ。

最初にアイビーファッションを持ち込んだヴァンヂャケットは倒産してそのあとにブルックスブラザースが入った。しかしその後に起こったのはユニクロブームだった。同じようにTwitterを通じて情報が直接流れ込むようになると、思想もファストファッション化してしまった。今のネトウヨの源流は2ちゃんねるとSAPIOあたりだと思うのだが、もともとはサラリーマンの娯楽のような「大衆版」の情報源だった。

ユニクロは洗練されているのだがこれをいくら研究してももとのデザインを再生することはできない。

これをもう少し考えてゆくと面白いことが分かる。日本は西洋化する過程で自らの宗教体系がないということに気がついた。宗教が形として成立するためには折り合わない他者と一緒にいる必要があるのだが、日本人にはそれがなかったのだ。このため日本人は宗教の教義を洗練させてこなかった。つまり宗教がないのではなく、自分の精神的よりどころを他者に説明できないのだ。

そこで急ごしらえで作ったのが国家神道だ。結果、着物に西洋流のボタンやベルトを付けたようなものになった。もともと多神教的な世界観に無理やり一神教的な体裁を与えて、科学的な味付けをしたのである。例えば神話から日付を割り出して西洋暦に併せて紀元節を作ったりした。日付があいまいだと科学的でなく「恥ずかしい」と考えたのだろう。

最近「土地を不正取得したのではないか」という疑念を持たれている「瑞穂の國記念小學院」にはそれがよく現れている。そもそも神社は地域に信仰がありそれに形を与えられたものである。しかしこの小学校は学校を作ってからそこに神社を造営した。順序が逆なのである。そこに天照大神を祀っているのは天皇家の主祭神だからなのだろう。パテントがないのでフリーで使えてしまうのだ。

教育についての理念もまったく書かれていない。透けて見えるのは「国家神道的な体系を再構築すれば今の複雑な問題はたちどころに解決するだろう」という単純な目論見だ。一番面白かったのが「喧嘩はいけないけど、やるなら手加減しろ」というフレーズだ。居酒屋レベルだがこれが「ボクが一生懸命考えた教育」なのである。哲学の不足をジョーシキレベルで補っている。

よく考えてみると当たり前のことなのだ。もともとの思想体系を西洋流に置き換えたものをいくら探してみても、もともとの思想をリバースエンジニアリングすることなどできない。あとは「ボクの知ってること」で置き換えるしかない。

「日本人は正解があると熱心に勉強する」ということから考察をスタートした。そのあとに「自分にぴったりのオリジナルが構築できるようになるかもしれない」という望みがあった。つまり、外にあった目的意識(行動のドライブ)が内在化されるだろうという望みである。

瑞穂の國記念小學院を見ていると、必ずしもそうならないことが分かる。ネトウヨ志向の一番の危険性はつじつまが合わなくなったときに本人が悩まずに「理解できないお前が悪い」となってしまっているところなのだろうがこれはネトウヨの割と中核的な思想だ。

そこで一生懸命考えた結果が、子供に教え込むことと「法律にしてみんなに守らせる」ことなのだろう。先生も法律もエライからだ。しかしあるとき「法律は憲法に縛られる」ということを知ってしまった。そこで「ボクが考えた憲法」をみんなに守らせることが目的になってしまったのではないだろうか。だが「みんなのためにはわがままを言うのはやめよう」とか「家族で仲良くしましょう」という「思想」なのだ。

今回の文章はもともとファッションとの比較で始まった。洋服の場合好きなものを着ていればいいのだが「俺のファッションはカッコいいから法律にしてみんなに着させよう」と思った時点で、それは狂った思想とみなされるだろう。