官邸主導で日本の病院が小さな武漢になる日

官邸主導で日本が武漢になるというのは我ながら「煽り度マックス」のタイトルである。実際に書いているのは官邸主導の弊害が顕在化したという話だ。まずは「小さな武漢」の定義なのだが、誰が感染者かわからず集団で監禁されて身動きが取れなくなる状態を指している。ダイヤモンド・プリンセス号がそのような状態になっている。これが日本の病院に広がるかもしれないという懸念である。

“官邸主導で日本の病院が小さな武漢になる日” の続きを読む

WHO事務局長は中国を忖度しているのか

本日はWHOの事務局長は中国を忖度しているのかという問題を取り上げる。極めて微妙なテーマなのだがここから意外なことがわかる。我々はアフリカの公衆衛生という問題に極めて無頓着だ。そして発展途上国はこうした無関心に反発している。おそらくこの問題はますます大きくなるだろうと思われる。つまり国際政治は先進国主導からより「民主的な」状態にシフトしつつあるのである。そしてその「民主的」が何を意味しているのかというのが今回のテーマだ。

“WHO事務局長は中国を忖度しているのか” の続きを読む

新型コロナウイルスとデマ – 何がフェイクニュースかを見分けることはできるのか

武漢コロナウイルス騒動では様々な噂が出ている。最初に目にしたのは「武漢にはウイルス研究所がありそこからウイルスが漏れたのではないか」という噂だった。

“新型コロナウイルスとデマ – 何がフェイクニュースかを見分けることはできるのか” の続きを読む