人々にマスクをつけさせるために戦前の日本政府がついた嘘 – 誰も他人を助けるために行動変容はしない

本日は日本人とマスクについて勉強する。誰も他人を助けるために行動変容しないというのがテーマである。実はこの話は2017年に一度書いているが、日本人がマスクを予防のためにつけるようになったのは政府がそう宣伝したからだ。その時に知識が今でも残っている。

“人々にマスクをつけさせるために戦前の日本政府がついた嘘 – 誰も他人を助けるために行動変容はしない” の続きを読む

平時から戦時へというとフリーズする人たち

新型コロナウイルス対策について「平時から戦時へ」と書いたところレスポンスが悪かった。なぜなんだろうかと考えた。おそらく正常性バイアスなんだろうなという結論に達した。正常性バイアスは誰もが持つ傾向であり何も日本人に特有のものではない。

“平時から戦時へというとフリーズする人たち” の続きを読む

マスクはどこに消えた?

総理大臣が各世帯にマスクを2つづつ配ると発表して日本中の失笑を買ってから数日が経過した。大きく分けて三つの問題がある。一つは総理大臣が国民の感情を全く理解しておらず、総理の取り巻きが全く無能で、国が流通について全く把握していない。この結果総理大臣は権力という檻に閉じ込められている。では権力の檻から出るためにはどうしたらいいのだろうか?

“マスクはどこに消えた?” の続きを読む

日本で権力者が思考停止状態に陥るのはどうしてか

先日は安倍総理大臣が思考停止状態に追い込まれた事情について見た。日本で権力者に意思決定を集約するとすべての情報が権力者に集まる。だが、誰も情報を整理・集約しないので権力者が潰れる。これを情報ロックダウンだと定義した。日本が危機に陥ると権力のロックダウンが起き思考停止状態に陥ってしまうのだ。我々はこれを理解した上で権限移譲の重要性を再認識すべきである。

“日本で権力者が思考停止状態に陥るのはどうしてか” の続きを読む

予測していることは本当に起こる

イタリアでコロナウイルスによる医療崩壊が起きている時スペインとアメリカでも同じことが起こるだろうなあと思っていた。日本で憲法改正議論があった時は緊急事態条項が採用されたら日本は今言われているのとは違った理由で混乱するだろうなあと思った。どちらも予測が当たった。日本では今それが同時に起ころうとしている。予測はできるが現実は変えられないというのはどちらかといえばギリシャ悲劇的な展開だと思った。

“予測していることは本当に起こる” の続きを読む