立憲民主党のzeroコロナ政策を読んでみる

菅総理の新型コロナ対策を聞いて「ああこの人は問題を解決するつもりがないんだろうな」と思った。目の前で火事が起きているが「私がかけた水で若干火が収まった気がする」などと言い続けているだけだ。NHKで中継されるたびに支持率が落ちるそうだが、それは当たり前である。

“立憲民主党のzeroコロナ政策を読んでみる” の続きを読む

赤点の菅総理に殺されるのを待つか、別の手段を考えるか……

先日「野党は自民党との争いを休戦して菅総理に代わる総理大臣を」と書いた。菅総理のコミュニケーション能力では現在このコロナ禍を乗り切れないだろう。緊急事態宣言拡大後の会見を見ると菅総理が問題の把握を諦めている様子もわかる。おそらく一学期の初めに数学がわからなくなり夏休みを迎えたくらいの感じなのだと思う。二学期の期末試験は確実赤点だが補講にもついてゆけていない。先生たちの口頭試問に自分が理解していることをうわごとのように繰り返しているだけだった。校長自ら補講を担当したのだろうが「打つ手なし」といった状況のようである。

今日はこれに加え「予算の無秩序状態」について書く。おそらく菅総理が理解できていないのは新型コロナの振る舞いだけではない。予算編成のやり方もよくわかっていないと思う。このままでは赤点総理に殺されるのではないかと思う。自民党議員は議席を失うだろうし野党は政権批判ばかりしている無能集団だというレッテルを貼られ続ける。そして多くの国民が殺されたり事業を失うことになるだろう。

“赤点の菅総理に殺されるのを待つか、別の手段を考えるか……” の続きを読む

「オリンピックの中止」ではなく、自民党と休戦してでも菅総理打倒に焦点を絞るべきでは?

急展開だった。オリンピック開催でホッとしたのもつかの間、首都圏で感染者が増え始めた。当初意外だったのが周囲があまり慌てていない様子だった。オリンピック四連休にも人出は多かったし千葉市の担当者にも切迫した様子はなかった。「大変なことになるのでは?」との質問に千葉市の担当者は「いつも通りに週報を出しているから状況はそれを見てください」と言っていた。

“「オリンピックの中止」ではなく、自民党と休戦してでも菅総理打倒に焦点を絞るべきでは?” の続きを読む

正しい新型コロナ対策のためには現状認識を常に更新する必要がある

本日は新型コロナの感染拡大について考える。できれば野党の誰かがこれを読んでくれているといいなと思う。数だけに反応するのではなく質にも目を向けた上で、何が変わってきているのかを冷静に国民に伝えてもらいたい。

オリンピックはそのままやってもらっても構わない。野党はこれまでのメッセージを変えることになるだろうが冷静な状況判断であれば国民はついてくるはずである。

まず直近の現状をおさらいしておこう。




見てわかるように数だけが報道されていて「緊急事態宣言だ」「大変だ」というようにしか読めない。一部の人は大慌てになるだろう。助かる命も助からなくなるという見出しも出ている。一方で「周りにコロナに感染した人はいないからまあいいや」という人もいる。諦めて緊急事態宣言に慣れる人も出てくる。

どうしてこうなるのだろうかということをこの数日考えた。おそらく感染者数だけが一人歩きし「中身」が全く伝わっていないのが問題なのだと思う。そこで中身がどうなっているのかを調べて見たのだが情報が多い割に分析はほとんどない。自分で情報を加工し海外の事例も参照すると「随分状況は変わってきているんだな」ということがわかった。

マスク

高齢者のワクチン接種が進み現役世代と子供(高校生や幼稚園児)の間で感染が拡大している。これが家庭を通じてワクチン接種が終わっていない現役世代に広まるという状態である。つまり現役世代のワクチン接種さえ済んでしまえばそれほど感染の拡大は恐れなくてもいいかもしれない。

参考になるのがイギリスの事例だ。Newsweekによるとイギリスでは成人の70%がワクチン接種を終えたそうだ。ジョンソン首相は7月19日に規制の撤廃を打ち出した。周囲からの反対があったようだが感染の拡大は抑えられたようだ。死者も重傷者も出ているが「かつてとは状況が違っている」という。

イギリスはワクチンが均等に行き渡っているのだが別の事例もある。それがアメリカである。

アメリカはワクチンが政治問題化していている。ワクチン接種を広げて経済を再開させたい民主党とワクチン強制を自由の侵害だと考える共和党で意見が割れている。このため全体に均すとワクチンのカバー率は49%だ。

自由推進派は当然ソーシャルディスタンスやマスクの強制にも反対している。BBCによるとワクチン接種が二回終わったところでは重症化が抑えられている。一方そうでない地域ではパンデミックが起きつつある。つまりアメリカ合衆国には二つの異なった「国・状態」があることになる。

今の日本にはワクチンの接種が進んだ高齢者ランドとワクチン接種が進まない現役世代ランドという二つの国がある。ワクチンの副反応(というより正常な反応だと思うのだが)による高熱が知られるにつれて「リスクが少ない若い人はワクチンを接種しなくなるのではないか」と思う。

小池都知事はかなり冷静に若者へのワクチン接種を訴えているのだが菅総理が全く動かない。ここは野党が一丸になって同じメッセージを発信すべきである。オリンピックがどうだとか本多議員がどうしたなどといっている場合ではない。

さらにワクチン接種が進んでいない幼稚園や高校でアウトブレイクが起きる可能性がある。感染力が強いが無症状者が増えるということだからコロナウィルスが学校や幼稚園を媒介に現役世代の人たちの間に広がる恐れがある。

例えば千葉市若葉区の幼稚園では園児59名と職員8名が感染するクラスターが発生している。NHKの報道によると196人(園児+職員)のうち34%が感染したそうだ。高齢者の病気であるという印象があり対策が十分ではなかったのだろう。古い情報を捨てて新しい情報を入れるような政府広報体制を打ち立てない限りは子供達の感染を防ぐことはできない。またワクチン接種が進むまでの間、子供達を通して父母がリスクにさらされるという状態がつづく。本当に幼稚園をこのまま開き続けていいのか9月に高校を再開していいのか今から議論すべきである。

このルートの先をゆくのがイスラエルだ。こちらは英語版で調べた。7月7日のロイターはワクチンが感染を防ぐ率が64%に低下したと伝えている。7/23のNBCはさらに34%になったと言っている。ただし入院は88%で防がれており91%が重症にならなかったとも言っている。半数以上が子供なのでティーンエイジャーにワクチンを接種させる計画があるそうだ。またワクチンの効果は4ヶ月から6ヶ月で切れる可能性があるという。そこで三回目の接種も検討されている。

イスラエルの感染再拡大がなぜ起こったのかはわからない。社会的距離の制限が緩和されたために感染力がより強いデルタ株が蔓延した可能性があるようだが詳細はわかっていない。だがこれまで感染の枠の外にいた若者に感染が拡大しそれが染み出す形で感染の再拡大が起こっていることがわかる。飲食店対策も重要なのだが若者対策も早急に進める必要がある。もはや菅政権にこうした視点の転換を求めても意味がないだろう。

菅総理は自分が押し通したいシナリオを決めてそれに合ったデータをつまみ食いするやり方を長らく続けてきた。だからおそらく菅政権には政策を立案する能力はない。つまり、菅政権を温存すればそれだけ国民生活への傷は広がるだろう。飲食店は意味のない倒産をさせられ現役世代は必要のないリスクにさらされる。子供達の健康にもおそらく影響は出るだろう。

ところが野党の方もこれまでの思い込み(数が増えたら病院が大変なことになる)を持っていて「とにかくオリンピックのようなビッグイベントは今すぐ中止しなければならない」と考えている人が多いようである。だがおそらく重要なのは「新型コロナウィルスの挙動はかなり変わってきていますよ」という情報発信をすることと新しい現状認識にあった新しい作戦を立てることである。ワクチン供給計画を情報を独り占めしている河野大臣から引き剥がす必要もあるだろう。「今どこまでわかっているのか、いつになるとわかるのか」ということがわかればそれまでの間どう防衛するかという作戦が立てられる。

とにかく「ビッグイベントがいけない」とか「政府のやり方がいけない」いって政府を非難している限り野党もまた新しい体制を作ることはできない。限られた情報から常識を常にアップデートできる政党が次の政権を担うべきなのである。

自己変革が求められる。

Google Recommendation Advertisement



若者の病気になりつつある新型コロナウィルス感染症

千葉県の新規感染者数が500人を超えた。千葉市でも1日の感染者が100名を超えたそうだ。息を飲んだのだがこれがどれくらい「やばい」ことなのかがわからなかった。そこで千葉県と千葉市のウェブサイトを見に行ったのだが一体どこに何の数字があるのかがさっぱりわからなかった。東京都はかなり整理されている印象があり格差が目立つ。

よく「感染者数だけで大騒ぎするな」という話を聞く。だがどう解釈すべきかという指針を示してくれる人がいないので結局グラフの上がり下がりで一喜一憂するしかない。とにかく読み込める情報が少ないという印象がある。

“若者の病気になりつつある新型コロナウィルス感染症” の続きを読む

サブカル界はなぜ小山田圭吾氏のいじめ問題に対処できないのか

吉田光雄さんがTwitterでTVODというブログを紹介していた。小山田圭吾さんのいじめ問題について書いている。拝読して「日本の人権把握ってこのレベルから議論を始めなければならないのか」と思った。コメカさんとパンスさんという人が小山田圭吾さんのいじめ問題について話し合う体裁になっている。おそらく文章の目的は別のところにある。だが、ご本人たちは気がついていない。

“サブカル界はなぜ小山田圭吾氏のいじめ問題に対処できないのか” の続きを読む

ピクトグラムショーの成功 – 国益は誰が作る?

オリンピック開会式はアメリカと日本の両方に配慮した結果中途半端なものになったと書いた。結局、アメリカでの視聴率は33年間で最も低いものだったそうだ。その中でヒットしたのがパントマイムによるピクトグラムショーだった。YouTubeでは人気急上昇しているようだ。単なるCGでやっても良かったのだが「中の人」が頑張っている姿勢は単純に応援したくなる。バトミントンで失敗しかけたが巻き返し、最後表彰台で「やったー」となる短いプレゼンテーションは開会式の演目では金メダルだったといってよいだろう。Twitterで見ると土壇場で解任された小林賢太郎さんの人脈によるキャスティングだったようだ。

“ピクトグラムショーの成功 – 国益は誰が作る?” の続きを読む