無限政治責任性と有限政治責任性

先日行われた甘粛省のマラソン大会で大勢の死者が出た。この責任を取る形で現地の共産党責任者の李作璧共産党委員会書記が投身自殺した。これについて中国は不思議な国だと書いたところ、中国の方から誇らしげに「中国の政治家は責任を取る」という投稿が返ってきた。

“無限政治責任性と有限政治責任性” の続きを読む

楽しそうにすべきかしら?

イギリスのコーンウォール地方でG7が始まった。会議には妙な閉塞感が漂っていたが最終的に紹鴎陛下の「Are you supposed to be enjoying yourselves?」という言葉に救われたようだ。

最初に入ってきた話題はイギリスがアメリカに接近したというものだった。大西洋憲章を更新したという。大西洋憲章をよく知らなかったのだが「第二次世界大戦中にまとめた新世界構想」だそうだ。当時イギリスの植民地体制が行き詰っていることは両国とも承知していてそれに代わる秩序が必要だった。それが民族自決と民主主義・自由主義経済である。ジョンソン首相はずいぶん昔のエピソードを引っ張り出してきたんだなと思った。

“楽しそうにすべきかしら?” の続きを読む

新型コロナワクチンはリアルトロッコ問題になった

TBSのニュースを見て「あっ」と息を飲んだ。新型コロナワクチンを接種した直後に亡くなった人がいるという。しかも130名を超えているそうだ。だがTBSの報道は極めて抑制的だった。この問題はリアルトロッコ問題になったのだなと思った。

“新型コロナワクチンはリアルトロッコ問題になった” の続きを読む

壮大なギャンブルを始めた菅総理が支配する日本を我々はどう生き抜くべきか

党首討論が終わった。菅総理大臣は前回の東京オリンピックの甘い思い出を語ったが、ワクチン以外の具体策については言及しなかった。枝野代表は菅総理に対した起死回生策がないとわかったのだろう。満面の笑みで議場を後にしたのが印象的だった。枝野代表はにこやかだったが国民は救われないなあと思った。

“壮大なギャンブルを始めた菅総理が支配する日本を我々はどう生き抜くべきか” の続きを読む

ついに「血塗られたオリンピック」に……

ついにJOCから犠牲者が出た。JOCでお金を扱っている経理部長という役職だったそうだ。これは日本の分水嶺だ。たくさんの「誰か」の欲望のために一人が犠牲になっても構わないと考える社会を生きて行くか、それとも個人が犠牲になることは許されないと多くの人が立ち上がる社会かである。JOCの山下会長は「詳細はわからない」と繰り返したそうである。自浄作用は期待できないだろう。

“ついに「血塗られたオリンピック」に……” の続きを読む

カイゼンが得意な日本人を邪魔する菅政権は今すぐ政権を手放すべきだ

新型コロナ関連のニュースが減っている。おそらくは「ワクチン」という正解が出たことで国民の不安が払拭されたからだろう。このことからなぜ人々が新型コロナのニュースに夢中だったのかということがわかる。正解がないと不安を感じる人が多いという国民性があるのだろう。ワイドショーというのはこの不安を解消できない人たちが見るコンテンツなのかもしれない。

“カイゼンが得意な日本人を邪魔する菅政権は今すぐ政権を手放すべきだ” の続きを読む