他人の話を聞けない人たちと聞かない人たちが主役の政治議論

面白い経験をした。だが、考えるうちに「自分はバカの共犯者になっているかもしれないなあ」と思い、ちょっと怖くなった。きっかけになったのは敵基地攻撃で自民検討チーム 山口公明代表「慎重に議論」という記事だった。日本政府は理論上、能力の保有は憲法上許されているが、現実的な保有は政策判断としてしないという一貫した態度を取ってきた」と指摘したという発言をこのブロクで書いたのでそれを別のSNSにも紹介しておこうと思ったのである。意味がわからないというかあまりにも苦しい言い訳なので外から見ると面白いのだ。

“他人の話を聞けない人たちと聞かない人たちが主役の政治議論” の続きを読む

日本には言葉による牽制はあるが議論はない

新憲法の担当大臣だった金森徳次郎が「憲法を愛していますか」の中で面白いことを書いている。他人が自分の意見い反対すると、すぐ腹を立てる、ちょっと意見が違うと仇のように思う、こういう傾向があって、天下に一つしか真理はないというきもちではありますが、というのだ。戦後すぐの1951年に書かれた文章なので当時からそれほど変わっていないんだなあと思った。

“日本には言葉による牽制はあるが議論はない” の続きを読む

安倍政権はバカのバカによるバカな政治

ネトウヨと議論した。特に疲れるということはなかったのだが話をしても無駄だなと思った。最初は気がつかなかったが、どうやら彼らは「勝ちたい」と思っているだけのようなのだ。おそらく日本の教育に問題があるのだろうと思った。

“安倍政権はバカのバカによるバカな政治” の続きを読む

新型コロナの犠牲者 :「絆」があっても最悪の結論を選ぶ人たち

練馬区のとんかつ屋さんのご主人が火事で亡くなったそうだ。毎日新聞に記事が出ている。普通ならよくある地域面のニュースなのだが、ちょっと事情が違ってみえた。新型コロナウイルスで経済の先行きが見えなくなる中で油をかぶって亡くなったのではないかと見られているそうだ。

“新型コロナの犠牲者 :「絆」があっても最悪の結論を選ぶ人たち” の続きを読む

平均的なアメリカ人はトランプ大統領の消毒液コメントが正しいか正しくないか判断できますか?

Quoraでトランプ大統領の消毒液注射発言をシェアしたところいくつかコメントをもらった。意外とこういう話に興味があるんだなと思った。そこでアメリカ人に直接この話題をぶつけてみようと思った。案の定炎上気味になったが多くのレスポンスをもらった。アメリカでこの話題が感情的な案件になっていることがわかる。

“平均的なアメリカ人はトランプ大統領の消毒液コメントが正しいか正しくないか判断できますか?” の続きを読む

地方自治の本旨と日本人の政治議論の二重性

大抵の憲法問題というのはGHQが作った草案を英語で読むと元々の意味がわかる。英文はシンプルに書いてありその字義通りに解釈すればいいからである。だが、地方自治の問題はそれでは解決しないということに気がついた。地方自治という言葉がどうやって導入されたを簡単に追跡し、日本人の政治議論の二重性について考察したい。

“地方自治の本旨と日本人の政治議論の二重性” の続きを読む